«前の日記(2017-01-19(木)) 最新 次の日記(2017-01-21(土))» 編集

煩悩日記

tDiary以前
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2008|01|04|05|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|11|12|
2012|01|02|03|04|
2014|10|
2015|04|12|
2016|02|03|04|05|06|08|
2017|01|

rss1.0 [ツッコミナシRSS]

2017-01-20(金) [長年日記]

_ 糸なつみ『おとなとこども、あなたとわたし。(1)』(it COMICS)


Amazon / Kindle

知らなかった作品だけど、1・2巻同時発売で並べて売っていたのを見て気になって購入。

年の差がある2人の関係を描く連作。(3組が登場)

巻末には短い後日譚あり。

箱の中 (のんと育)

団地でお隣の、高校生ののんと小学生の育。

育はのんが大好きなので、学校帰りにのんの部屋に行ってから帰る。

のんの父親は女子高生と援交してしまい、母親は息子が同じ轍を踏まないか心配。

のんはずっと家を出たいと思っているが、育はのんのいない世界を考えられない。



一枚の絵 (白川と蒲田)

ひとりぐらしの老人白川の所にやって来た青年・蒲田。亡くなった妻が通っていた絵画今日しての講師で、妻の絵を届けに来たという。

頑固じじいみたいなところがある白川と、蒲田は諍いながら亡くした人の思い出を語る。

蒲田は彼女が好きだったので、絵を手元に持っておきたかったといい、白川は妻が絵を描いていたなんて気にもとめていなかった、聞き流していたと思い出し。



ランナーズ (エリと奈々子)

エリの職場の先輩の奈々子は世話焼き姐さんで、いつも綺麗にしていて恋バナも好き。

エリにも世話を焼いて、恋愛に興味が無いと言ったら、恋愛の良さを説きだして。





目次

Creative Commons License
当サイトの日記本文は、明示的な引用を除いてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
©vette<vette@mail.ne.jp>