最新 追記

煩悩日記

tDiary以前
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2008|01|04|05|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|11|12|
2012|01|02|03|04|
2014|10|
2015|04|12|
2016|02|03|04|05|06|08|
2017|01|

rss1.0 [ツッコミナシRSS]

2010-07-03(土) [長年日記] この日を編集

_ 池井戸潤『不祥事』(講談社文庫)

不祥事 (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社
¥ 730
Amazon

普段銀行モノとか経済小説とか読まないのだけど、読む本もないのでいろいろ店頭であさってて買ったもの。

不祥事というタイトルだけど、不祥事問題が本筋ではなくて・・・。 た花咲舞は事務のスピードが早くて正確な有能な店頭窓口のテラー。でも正義感が強くて暴走気味なので「狂咲」という異名もあって…。

その舞が事務トラブルを起こしているような支店に対して指導にあたる臨店チームに配属になって、行く先々でいろんなトラブルに出会うが、悪意を持った事件や、お客様より出世のことを考えていたり行員の幸せを考えないエリート行員が起こす騒ぎに怒って突き進む。

悪役がたまに悪代官みたいないかにもな悪役になってるときもあるが、事件のうらに隠れた真相を暴きながら啖呵を切る花咲舞というのは花があるなあ。つーかTVドラマ向きというか。

上司の心配もなんのそので突進するヒロインというのは、やや典型的なところもあるけど読んでいて爽快。役どころがちょっと違うけど、石持浅海『賢者の贈り物』の磯風さんを思い出した(磯風はかなりミステリアスだけど)

賢者の贈り物 (PHP NOVELS)
石持 浅海
PHP研究所
¥ 900

_ ジャクリーン・ケアリー『クシエルの啓示(1) 流浪の王子』(ハヤカワ文庫FT)

クシエルの啓示〈1〉流浪の王子 (ハヤカワ文庫FT)
ジャクリーン ケアリー/Jacqueline Carey/和爾 桃子
早川書房
¥ 1,050
Amazon

とうとう第3部で通巻7冊目です(同時期に刊行されてるミストボーンとほぼおなじ)。

メリザンド・シャーリゼの陰謀を砕いてクーデターも抑えることに成功して終わった前回。今回はいきなり10年経ってます。フェードルも30代に…。その分お勤めの話はダウンです。

前は、捕まったり牢獄に閉じ込められたり海賊に拾われたりで波瀾万丈って感じだったが、今回はもうちょっと落ち着いている。でも、やはりメリザンドが生涯の宿敵という感じで、まだまだメリザンドとイサンドルがフェードルを動かす中心に。

次の巻が重くなりそうな気もするが、残り2巻はすごく密度が高くなりそうな気がする。


2010-07-17(土) [長年日記] この日を編集

_ ATOK10 for Macに更新

ATOK10 for Macが出ていたので更新。と言うか、定額サービスにしているので随時バージョンアップなのだけど。

新機能はあまり使わさそうな感じ。

ATOK for Mac

_ 藤原規代『お嫁にいけない!(2)』(花とゆめコミックス)

お嫁にいけない! 2 (花とゆめCOMICS)
藤原 規代
白泉社
¥ 420
Amazon

待望の2巻。

ばりばりキャリアウーマンだけど家事が一切駄目で部屋は散らかるは料理はできないまどかはオレ様な出張家政夫の悠貴にいつもだめ出しされているが、悠貴の前なら格好つけなくてもいいので気を許している。それでも弱いところは見せられなくて人に頼れないまどかは、ストーカー騒ぎで悠貴に助けられて弱いところ見せたり、でちょっとずつ変わるか。

てか、久賀とまどかの取り合いになってきているが。。。

仕事でも頼る頼らないで挫折しているが、これはちょっと見せ方がいまいちな。

_ 水瀬マユ『むすんでひらいて(1)』(BLADEコミックスEDEN)

むすんでひらいて (1)
水瀬 マユ
マッグガーデン
¥ 560
Amazon

全然知らなかったけど新刊ならんでるのを見て気になって。

ラブコメの連作オムニバス。同じ高校の中でちょっとずつ主人公がずれていって。(あきづき空太『青春攻略本』とか)

女の子がとりあえずかわいくて好み。1話のヒロイン日摩裏だけでなく定番のケンカばかりしているお目付役の幼なじみ夏とか。

_ ヤマシタトモコ『HER』(FEELコミックス)

HER (Feelコミックス)
ヤマシタ トモコ
祥伝社
¥ 680
Amazon

女子の生き様というか・・・。

表紙が華やかですなー。

オムニバスで毎回主人公は違うがちょっとずつ知り合いがかぶっている。登場する女の子(子じゃないだろうというのもいるが)はもてそうであってもそれぞれコンプレックスがあって…。

作中人物に突っ込まれそうだけど「女の人って恐いよね」という感想が :-)

1話のイデさん、目力があるのか、インパクトが強いなあ。最終話の人がわりと好きなのだけど。

_ ヤマシタトモコ『ドントクライ、ガール』(ゼロコミックス)

ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)
ヤマシタ トモコ
リブレ出版
¥ 630
Amazon

ヤマシタトモコの変な路線が全開:-)

『HER』と『BUTTER!!!』はヤマシタトモコ合同フェアになってるのだがこの本はBL系コミックと言うこともあって仲間には入れない。つかむずかしいだろう :-)

表題作は、両親の不手際で?両親の知人(男)宅に居候することになった女子校生。いってみたらそいつ全裸だし、その友人(恋人?)の男は下ネタ全開だし、とんでもない非常識人に囲まれてイライラが。。。

しかし後半ではこれは恋?と言うかいきなりプロポーズ、みたいな展開があったりするから予想がつかない。でもほんとの恋愛と言うよりは、女子高生から迫られてとまどうゲイを見て楽しんでるのではないかという気が :-)

_ 入間人間『多摩湖さんと黄鶏くん』(電撃文庫)

多摩湖さんと黄鶏(かしわ)くん (電撃文庫)
入間 人間/左
アスキーメディアワークス
¥ 536
Amazon

うぶなくせに変態なカップルの多摩湖さんと黄鶏(かしわ)くん。

多摩湖さんがきっかけ作りにいろいろしかけるちょっとエッチなカードゲームで変態度数があがったりカミングアウトしたり。

というのでいきなりテンション高くてノリは楽しいのだけど、「いいところだけ抜いて持ってきました」的な構成で、いまいち残らない。

多摩湖さんの留年回数とか設定があまり生きてない気もする。

_ 入間人間『六百六十円の事情』(メディアワークス文庫)

六百六十円の事情 (メディアワークス文庫)
入間 人間
アスキーメディアワークス
¥ 641
Amazon

これは1ヶ月ぐらい前に読んだ本。

きっかけは地域のブログへの書き込みから。かつ丼660円を巡るオムニバス。

途中はどうなることかと思ったが、最後にうまくまとまってるのがよかった。

童貞と処女と呼び合う高校生カップルが好き。

イラストは宇木敦哉。作品とあってるしいい感じなのだが、この表紙の、寝そべって人がぎっしり詰まってる感じはまえにエロティクスFでも似たようなのを描いていて、同工異曲な感じなのがちょっといやん。

_ 【訃報】ぎおん・百万遍「琢磨」の大将が事故で

ぎおん、百万遍、四条の「琢磨」の大将が6月にパラグライダーで墜落して亡くなっていた、と知る。

今年は毎年の鱧宴会も流れていたのだが(宴会をする頃には亡くなっていたが)、去年の宴会が見納めになるとは…。


2010-07-18(日) [長年日記] この日を編集

_ 森本美由紀『ファッションイラストレーションの描き方』(誠文堂新光社)

森本美由紀 ファッションイラストレーションの描き方―線画をスタイリッシュに描くために
森本 美由紀
誠文堂新光社
¥ 2,100
Amazon

イラストレーター森本美由紀によるイラストレーション講座。

もう、それだけで十分な。

_ アニアリのコンピレーションレザー・タートルショルダーW(ブラウン)

これ

「前にLEONで紹介されたあれ」と言えば通りがよいかと。

タートルタイプのボディバッグだが、ダブルジッブの2部屋仕様で小分けに入れやすい。それぞれ中にまたポケットがついている。

現物見て買おうと思ったので、WEBで探した結果、阪急メンズのリーセンシーオブマイン(アバハウス)で購入。

これより新しいクロコ風型押しレザーのもあったけど2室じゃなかったのでパス。

_ 石持浅海『八月の魔法使い』(光文社)

4334927181 Amazon

石持浅海の新刊ソフトカバー。

ちょっと『リスの窒息』に近い印象が。日常の謎ではなく、目的のわからない作業に隠された意図を探るのでもなく、まさに進行中の出来事の動機と理由を机上の思考で選択肢を消しながら真相にたどり着く。

まあプロセスは面白いのだけど、そんなに(現物に当たらないで)状況証拠と思考だけで選択肢を消せるという展開自体は現実味が。。

『君が望む死に方』で出てきたあの娘も似たことをするのだが、アレはいきなり結論をずばっと出してきて、なぜバレたのかと焦りながら何食わぬ顔をして理由を聞くという演出があったからなー。

Gainer連載分だったらしい。そういえば載ってたような気がするが。それでなのかなあ、会社員として組織で会社を利用して何ができるか、みたいな話なのは。


2010-07-19(月) [長年日記] この日を編集

_ iPhone 4(32GB BLACK)

ヨドバシ梅田にて。

6/19に予約しようと思ってたら予約いったん中止になって、再開されたので6/26に予約したら3週待ってやっと入荷。

MacBookも持って行ったので、とりあえずサテンでiTunesと同期をとって、同じ状態にとアプリはiPod touch同じ状態に。

iOS 4.0.1へは戻ってから。

これでPocket WiFiのいらないTwitter端末が(違)。

audio-technicaのヘッドホンアンプも警告は出るけど普通に使えた。


2010-07-31(土) [長年日記] この日を編集

_ 西尾維新『猫物語 黒』

猫物語 (黒) (講談社BOX)
西尾 維新
講談社
¥ 1,365
Amazon

「化物語」シリーズ新刊。今回は昔に戻って、羽川翼の怪異の話。

しかし、今回はいまいちだったなあ。

ネタはいろいろはいってるのだが、なんというか「水増ししました」というような読後感が。

_ 雫井脩介『つばさものがたり』(小学館)

つばさものがたり
雫井 脩介
小学館
¥ 1,575
Amazon

雫井脩介の新刊ソフトカバー。

犯罪小説ではなく『クローズド・ノート』『殺気!』の系統。

ネタバレにならないように説明するのが難しいが・・・。

26歳になる君川小麦は修行中のパティシェール(菓子職人)。勤めている店が支店を出すことになり、あこがれる同僚がシェフになるのでスーシェフにどうかという声がかかったが、断ってしまう。小麦は乳がんが転移していることをみんなに隠していた。薬の副作用もあって吐き気があったり食欲も落ちていてケーキ職人を続けるのが難しくなっていた。

店を辞めることにした小麦だったが、新しい支店の活気をみて、子供の頃からの夢だった実家でケーキ店を開くことを実現しようと思い直す。

しかし店を開いたものの、天使が見えるという甥が「ここは流行らない」といい、皆が困惑したものの、その通りに売り上げは不振に。

家の中でもちょっとずつぎすぎすした雰囲気が出てくるが…。

…淡々と描くところは雫井脩介らしい。台詞からも雫井脩介らしいところが漂うが、なんというか、甥の設定と小麦の描き方が似合わないというか、その甥の設定を使わないといけなかったのか?と思えてしまうし、これで終わり??という読後感も否めない。

クローズド・ノート」や「殺気!」と違って、あまり再読したい気が出てこない。

話がつまらないわけではなくて、部分部分でたとえば「新しい店」で新しいスタッフが集まるあたりは割と楽しい展開なんだけどなあ。

_ 宮村優子『小説 電脳コイル(12)』(トクマ・ノベルズEdge)

電脳コイル 12 (トクマ・ノベルズEdge)
宮村 優子/磯 光雄
徳間書店
¥ 900
Amazon

やっとでた、12巻。秋にでる13巻で完結のようです。

TV原作とは結構趣がちがってきていて、もはや4423とか出てこなさそうな展開。ノブヒコ、猫目、原川玉子それぞれが昔の思いを抱えているが、今はかなり離れてしまっている。

今度はヤサコの妹の京子が鍵になっているようだが。

最終巻ではやっとヤサコの昔の親友のエピソードが描かれるのだろうなあ。

_ 星野リリィ『スーパーダブル(2)』

スーパーダブル 2 (バーズコミックス ルチルコレクション)
星野 リリィ
幻冬舎コミックス
¥ 650
Amazon

1巻から5年ぶりに2巻登場。ちゃんと続いてるのだなあ。

でも最後は大昔の同人版と番外が入ってて尺は足りていない。

新しいキャラとダイヤの関係をにおわせているが、続きはいつ?

_ 大塚子虎『アングレカム』(メガストアコミックス)

アングレカム (メガストアコミックスシリーズ No. 257)
大塚 子虎
コアマガジン
¥ 1,050
Amazon

大塚子虎3冊目単行本。

表題作は、異世界からやってきた女性将校とのハーレム生活。表紙だと黒髪のミラがヒロインぽいが、実際はフェブ。

『グロキシニア』はいつもジャージ姿の彼女を冴えてないと馬鹿にされたのでちゃんと女らしいところを親友に見せつけたイベントを済ませたら今度はやたら声をかけられて辟易。普段の良さを見抜けないくせにと憤りながら、そのあと二人で盛り上がる野外プレイ。

『ファレノプシス』はいつもケンカばかりしてる二人。催眠術の本をもってきたので、術がかかったふりをしてみたら「私を好きになりなさい」と言うものだから……。

しかしこうしてみるとタイトルがみんなカタカナ。花の名前が多い?

_ 大波耀子『絶対服従彼女』(海王社コミックス)

絶対服従彼女 (KAIOHSHA COMICS)
大波 耀子
海王社
¥ 1,050
Amazon

新刊。

なんかいろいろ入ってるなあ。前の作品につながってるのもあるし。

全体的な傾向は表題作とは違ってラブラブカップル。

_ 灰原薬/金城一紀『SP - 警視庁警備部警護課第四係(1)』(ビッグスピリッツコミックススペシャル)

SP(エスピー)警視庁警備部警護課第四係 1 (ビッグコミックススペシャル)
金城 一紀/灰原 薬/灰原 薬(漫画)
小学館
¥ 570
Amazon

『とかげ』の灰原薬が描いてるので読んでいる作品。

笹本さんええわ〜(^o^)

近作だと『回游の森』がお勧め。

回游の森 (Fx COMICS)
灰原 薬
太田出版
¥ 790
Amazon


Creative Commons License
当サイトの日記本文は、明示的な引用を除いてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
©vette<vette@mail.ne.jp>