最新 追記

煩悩日記

tDiary以前
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2008|01|04|05|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|11|12|
2012|01|02|03|04|
2014|10|
2015|04|12|
2016|02|03|04|05|06|08|
2017|01|

rss1.0 [ツッコミナシRSS]

2008-05-01(木) [長年日記] この日を編集

_ 『COMICキャンドール(6月号)』

COMICキャンドール(6月号) Amazon

小石川ふに『加納家の事情』

義妹のゆかちゃんに告白できて両思いになれたお兄ちゃん。 なんとなくくすぐったいが。

部屋にやってきたゆかの前で眼鏡を外して話していたら、眼鏡がなくてもそれなりに見えることがバレて、前に裸は見えてなかったとフォローしたのが嘘だと判ってしまった。

いっぽうそんな二人の様子を怪しむちかちゃん。。。

むつきつとむ『空 -ソラ-』読み切り

レズの双子姉妹・陸と海のおとなりに引っ越してきた女の子・空。

陸と海は気に入ってちょっかいを出すが、空にはおちんちんがあって、、、。

ふうたまろ『アナよび』

シチュエーションが非現実的なのはともかく、プレイも体つきもエロいのう。

_ 『ビタマン(6月号)』

ビタマン(6月号) Amazon

藤坂空樹『蜜月売ります』読み切り

夫婦仲が倦怠ムードになった夫婦。家にいた夫のところにやってきた女性は大人のオモチャのセールスをしているのだった。

私の体で試して見ますか?と誘われて、オモチャで半裸の彼女を責めているところに奥さんが帰ってきて、三人で入り乱れることに…。 その女性は奥さんに頼まれて刺激を与えに来たという落ち。

朝森瑞季『ガラスの女神』

栗宮さんと佐倉くん、もうふたりでむさぼり合うようなエッチ。

彩に二人のことを打ち明けようとする佐倉だが、なかなか言い出せず・・・。

ハルミチヒロ『恋をするのが仕事です。』

同棲している恋人、みのりが仕事で持ち帰っていたキャラクターを知らずに会社で言ってしまった初日。

みのりの会社の企業秘密をばらしてしまったことに後ろめたさを感じている初日に、そんなことも知らず積極的にアプローチする愛子。そんな二人を見てしまったみのりは。。。。

ヒヤマシュリ『五分咲きチェリィ』

酔いつぶれた恵をカラオケボックスに迎えに行ったものの、途中で気分が悪くなった恵。どうしようと思っていたら二人の前にはホテルが。


2008-05-02(金) [長年日記] この日を編集

_ 北崎拓『クピドの悪戯Ⅱ さくらんぼシンドローム(7)』(YSコミックス)

クピドの悪戯Ⅱ さくらんぼシンドローム(7) Amazon

麻生と阿川のケンカはとりあえず阿川が折れることで仲直り。

れなは渋江君にとうとう自分の正体を明かそうと決意して彼のアパートまで出かけたものの、かつてれな(の正体の玲子)を好きだったがいまは別に好きな子がいると聞かされて、茫然自失。きれいに身を引いたものの、心の中はドロドロ。傷心を抱えて今度は実家に戻って両親に告白しようとしたもののこっちでもなかなか信じてもらえず心が折れてしまったれな。わざわざ尾道まで迎えに行った阿川にも辛く当たったり。

紫色で統一したカバーがよいわ。

_ 船堀斉晃『媛神様のおしごと(2)』(ヤンマガKC)

媛神様のおしごと(2) Amazon

那由多様の手伝いで、女性に不幸を不幸を払うためにエッチをする代わりに寿命が削られる羽目になったエロゲ好き主人公の話。

いつもは相手の記憶が消されているのになぜか憶えていた"心愛"はレギュラーキャラに。もっとも、他の女性も準レギュラーだったりするけども。

今回はその心愛と那由多の助け無しでエッチしたりすることに。一方、那由多を妨害する別の女神が・・。

_ 河下水希『初恋限定。(ハツコイリミテッド)(2)』(少年ジャンプコミックス)

初恋限定。(2) Amazon

いつものドタバタぶりだが、適当なぬるさが心地よい。

江ノ本慧がわりと好き。

_ 八木教広『クレイモア(14)』(少年ジャンプコミックス)

クレイモア Amazon

最近面白くないのだよなあ。

掲載誌(月刊少年マガジン)がつぶれたりで引っ越したりしているがソレとは関係なく。


2008-05-03(土) [長年日記] この日を編集

_ 日記を前から順に書くことをあきらめた…

去年の10月から書けてなかった日記を前から順番に書こうと思ってたのですが、その間にどんどんたまってしまって、前のが書けてないから新しいのが書けないのがさすがに辛くなってきた(6ヶ月分負けてるし)。

後で検索することもあるので飛ばさずに書きたいのだけど、とりあえず順番通りに書くのをいったんあきらめます。

なので、後追いで日付を前後して日記が載ることがあるのであしからず。

_ 今日は疲れてダウン

仕事が忙しくて、わりと土・日出ることが多いのだけど、昨日はかなり疲れていて体ボロボロだったのでずっと寝ていた。飯食わなかったのがまずかったかも知れないけど。

たぶん、明日出勤。

さすがに休みだと夜が長いなあ。21時や22時に家にいるなんて…。

_ 金井美恵子『小説論 - 読まれなくなった小説のために』(朝日文庫)

小説論 - 読まれなくなった小説のために Amazon

前に出ていた本の文庫化。

金井美恵子にしては珍しい、講演・対談の本。小説に関する話題。

エッセイじゃない分、毒舌はおとなしめかも(まだ読んでないけど)。

_ 夢路行『あの山越えて(12)』(秋田書店)

あの山越えて(12) Amazon

しばらく近所に入荷しなかったので買えなかった。

淡々と続いて12巻。今回はおかーさま(姑)の姑の話とか、歩が東京に行ってる間、君子が一人暮らしするとか。


2008-05-04(日) [長年日記] この日を編集

_ 仕事に行くはずが

気絶してました。

中途半端に休むと疲れがどっとでるし、気合いが入らんから余計だらだらするなあ。

一応夕方出かけたのだけど本屋で立ち読みして時間つぶしてしまった。 何しろ連休で新刊が出ないから買う本がなくて物色してるだけでおわってしまった。梅田に出かけたらさすがにビッグマン前はガラガラで良かったけど…。

_ 気になる写真集メモ

廃墟チェルノブイリ

1986/04/26の4号炉爆発事故から22年を迎えるチェルノブイリ原発とその工場町(発電所町?)プリピャチ市等の取材。

別に民間で初めての取材というわけではないが、ソ連の面影(ゴルバチョフがグラスノスチを言う前)が残る住居などみてると死んだ街という感想が強くなる。

廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl
中筋 純
二見書房
¥ 2,415

団地の見究

団地本の一つ。

お勧め団地の正面写真と「見どころ」の図が見開きになっていて一般人にもわかりやすいという :-)

むしろ、よくこれだけ正面写真撮れたなあと思った。

団地の見究
大山 顕
東京書籍
¥ 1,995

軍艦アパート

九龍城ほどではないが、旧海軍の戦艦・巡洋艦の艦橋のように(と言ったときにはたぶん扶桑・山城あたりがイメージされるのだろうなあ)凸凹と建て増されたアパート達の写真。ただし外見よりも住居(案外きれいなのもあったり)のディティールに行き過ぎてちょっと期待と違うか。

軍艦アパート―山下豊写真集
山下 豊
冬青社
¥ 2,625


2008-05-05(月) [長年日記] この日を編集

_ とりあえず過去日記更新

4/25〜5/2辺り。

しかし、過去に向かってさかのぼって書こうとすると、「追いついたら楽になる」ような気がしなくて萎えるな。いや、どっちでも終わりはあるんだけど。

普通に日記見てても過去日記が増えたのはわかりにくいので、RSSでも。


2008-05-06(火) [長年日記] この日を編集

_ 結局寝て終わり

途中の休みは取ってないので4連休なのだけど、その間ってほとんど、朝起きてしばらくパソコン触って(日記書いたり)、二度寝・三度寝して夜に動き出す、、というサイクルだったなあ。

寝てると余計寝てしまうからいかんなあ。時間が勿体ない。

まあとりあえず日記は4/19〜4/25を埋めたので、あとはバラバラに書くかなあ。

ちなみに連休の間の日記は全てThinkPadから。イメージ縮小の手順の関係もあったけど、やっぱり慣れてる環境だと書きやすいわ。コピペやスクロールの一手間の積み重ねが利いてくる。

_ 読了:ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『輝くもの天より堕ち』

この間買った、『輝くもの天より堕ち』の残りを一気に読み終える。

前半、仕込み段階といった感じでかなりだるかったのだが、途中からサスペンス調になってきてからはスピードアップ。若干流し読みもしたけど^^;

最後の方は面白かったけど、長すぎるという印象。バラムとリニックスのロマンスがなければ放り出してたかも。

つぎは『たったひとつの冴えたやりかた』の再読をするか(漁ってもたぶん出てこないので買い直すか)、まだ読んでなかった短編集(『故郷から10000光年』『愛はさだめ、さだめは死』など)でも手を出すか。


2008-05-07(水) [長年日記] この日を編集

_ 『MEN'S EX(6月号)』

MEN'S EX(6月号) Amazon MEN'S EX

ここ最近買っているメンズファッション誌(スーツ・ジャケット系)。

今月は今ひとつ読み処がなかったなあ。


2008-05-08(木) [長年日記] この日を編集

_ 西尾維新『化物語』アニメ化

講談社BOXのメールマガジンによると『化物語』がアニメ化されるとか。スタッフなど詳細未公開。

いやぁ、この話は何度再読したことか。

アニメ自体はまあ、期待はしないでおくけどとりあえず戦場ヶ原蕩れ :-)

化物語(上) (講談社BOX)
西尾 維新/VOFAN
講談社
¥ 1,680
化物語(下) (講談社BOX)
西尾 維新/VOFAN
講談社
¥ 1,575


2008-05-09(金) [長年日記] この日を編集

_ 『マンガ・エロティクスF(vol.51)』

マンガ・エロティクスF(vol.51) Amazon

鬼頭莫宏特集ということで出渕裕との対談や仕事場紹介、アイデアノートなど。

その他、オノ・ナツメ『GENTE』2巻発売記念で横長ポスター付。

オノ・ナツメ『GENTE〜リストランテの人々〜』

前回が、『リストランテ・パラディーゾ』につながってた話だったので最終回かと思っていた :-)

今回は、議員の話。リストランテ・ガゼッタ・デッロルソの常連ではなかったが、、、孫に釣られて占いで験担ぎ。

志村貴子『青い花』

藤ヶ谷の演劇部の次回作は三島由紀夫の『鹿鳴館』ということで、部員達はのりのり。ふみも釣られて読んで、浸ってみたり。

あーちゃんは、ふみに好きと言われてドキドキしたままで普通に対応できず…。

星野リリィ『夢見る古都』

アベド姫のもとを去って元の世界に行くオリガ姫。

そのアベド姫はお輿入れで、処女を散らすのだった…。

ってこれが後に影響してくるのかな。

_ Cuvie『ドロテア〜魔女の鉄槌〜(6)』完結

ドロテア〜魔女の鉄槌〜(6) Amazon

ドロテアは完結。

魔女として敵に捕らわれたドロテアだったが、機転で脱出し火あぶりの刑の逃れる。その後の危ういところをギュルクに助けられ、それまでははっきりさせていなかった自分の気持ちを打ち明ける…。

話は大きいのだが、いまいち楽しみどころがなかったなあ。プロットをなぞってるだけみたいな感じだったので。

_ 天王寺きつね『オルフィーナSaga(5)』

オルフィーナSaga(5) Amazon

自分はオルフィーナ本人ではなく影武者であり、本名はマリア・チューダーだとみんなの前で告白しつつ鼓舞するオルフィーナ。

そういえば、不勉強なので知らなかったが16世紀イングランドの女王にメアリー・チューダーというのがいるのですね。でも役割も違うから、モデルというより名前を真似ただけなのかな。


2008-05-10(土) [長年日記] この日を編集

_ 三重で後輩の結婚式

会社の後輩の結婚式に出るために送迎バスに揺られて四日市まで。あいにくの雨模様だったが、移動はバスだったのでそれは大した問題ではなかったか。往復5時間半。結構疲れる。

会場は同時には一度しか式と披露宴ができなさそうなところだったけど、わりと雰囲気は良かった。

天井の照明も好み。

Highslide JS 天井の照明

テーブル担当の眼鏡のウェイトレス(?)さんも好みだったけどヽ(^o^)丿

それはそうと、GR DIGITALが故障中なので、LUMIX LC1を持って行って撮っていたら、新婦や新婦の友人達にも「カメラの人」と思われてしまった…。滅多に持ち出さないのに。

_ 西尾維新『傷物語』(講談社BOX)

傷物語 Amazon

うぉー、『化物語』アニメ化とか書く一方で、この本が出るのを知らなかったですよ。

『化物語』の主人公、阿良々木暦が春休み中に出会ったという怪異、吸血鬼との遭遇のエピソードを描いた話(化物語で暦のモノローグでさんざん語られていた話)。

なので、登場人物は、阿良々木暦、委員長の羽川翼、忍野メメ、吸血鬼、その他脇役(笑)である。当然ながら、戦場ヶ原はまだでてこない。

こっちの羽川のほうが、『化物語』よりさらに明るいヤツにみえるなあ。

しかしですよ、ネタバレになるかも知れないが、羽川は春休み中の出来事については記憶が曖昧なのではなかったか。新学期になっても思いっきり憶えてるみたいなんですが。

_ 黒柾志西『鬼ごっこ(3)』(REXコミックス)

鬼ごっこ(3) Amazon

かなり前のエピソードかと思ったら、最後の収録分は直前の掲載分まで入っているのか。

でも、頼子が思い出した昔話はともかくとして、学校に出てきた「継ぐ者の力を持った人間」とか全身真っ黒な女の子というか継ぐ者か何かの意志?のあたりはよく分からんなあ。

_ 野口吉昭『コンサルタントの「質問力」- 「できる人」の隠れたマインド&スキル』(PHPビジネス新書)

コンサルタントの「質問力」- 「できる人」の隠れたマインド&スキル Amazon

本屋の平積みで気になったので買ってみた。

質問力とか、会話力とか重要だよなあ、、、と最近痛感しているところ。主に自分じゃなくて、若手のメンバーのことで、だけど。

どうやって会話能力を磨くかと言うところのヒントになればと思って。


2008-05-11(日) [長年日記] この日を編集

_ 館淳一『教授夫人の素顔』(二見文庫)

教授夫人の素顔 Amazon

館淳一の新刊がでているのに普段の行動範囲の中では手に入れられないので、WEBで注文。

楽天ブックスはコンビニ受取(ファミマ)ができるので、受取タイミングを気にしないで良いところが便利。Amazonだと受取日指定が出来ないので、不在配達が届いてから再配達を頼む羽目になるし、結局土日午前中受取しか選択肢がないからヘタすると1週間近く受取が遅れる。(不在時用の郵便BOXがあれば済むのだろうけど)

_ 館淳一『誘う鏡』(廣済堂文庫)

誘う鏡 Amazon

これも同じく館淳一の新刊。

こちらは既発表作品を集めた短編集らしい。

_ 『Comic REX(6月号)』

Comic REX(6月号) Amazon

いまいち読みたい作品が無いなあ。前からかなあ。

武梨えり『かんなぎ』

仁と大鉄の中2時代の話になっていた。

不良になりたいと言っていたのか、仁。

石田あきら『私立彩陵高校超能力部』

今日は番外編。

マサトのところに妹がやってきてお出かけ。

なんとなく、禁じられた愛・・・かと思ったらそういうわけではなくて、マサトが家を出て暮らしているだけみたいだなあ。

同じ日にフジミヤサキとササキシロウのデートだったりタチバナシオリとカスガイ委員長とがもめてたりと、別エピソードとつなげてる。

梅川和美『ガウガウわー太2』

インコの話のつづき。今のエピソードはなんか気が重い。というかどうでもいいなあ。

黒柾志西『鬼ごっこ』

よく分からん継ぐものの力を持つ人間についていく頼子たち。

ここでサラシを巻くのを手伝うかどうかの話が。って、前の話のラストでサラシを惜しみながらコブを作って泣いていたのはここからつながっていたのか。・・・って番外編なのかこれは。

高遠るい『CYNTHIA_THE_MISSION』

最近どうでもよい展開に。

急に体が成長したシンシア。

けれど闘っている間に急にしぼんで元の体に…。


2008-05-12(月) [長年日記] この日を編集

_ 『コミックビーム(6月号)』

コミックビーム(6月号) Amazon

志村貴子『放浪息子』

女装して安那ちゃんとデートしてる最中にまずいことに高槻さんと千葉さんにでくわしてしまった修一。

安那ちゃんが誘ってなぜか4人でカラオケに。修一は針のむしろという感じだが安那ちゃんは気にしてない感じ(事情しらんしな)。

高槻さんと千葉さんは、恋敵のはずなのに安那のペースに釣られて断れなかったり。

入江亜季『群青学舎』

セクシー母さんと天文学者?写真家?の旦那と、3人の息子の連作の最終回か。

今までの話からいきなり10年以上たって、3人揃って旅立ちの日。

母さんは明るく振る舞って3人を送り出すが、全員になくなった後に旦那に向かって泣き崩れる…。


2008-05-13(火) [長年日記] この日を編集

_ 小川彌生『キス&ネバークライ(4)』

キス&ネバークライ(4) Amazon

いまのままのプログラムではどうせ高得点が望めないからと、練習不足なのを承知で「春の祭典」に戻そうとするみちる。ふたたび礼音が振り付け役でそばに付くことになったが、晶から二人が寝ていることを知らされる。。。

とかそんなことがありながらも、みちるが昔行方不明になったときのことを話したところから、晶の兄の四方田コーチの死に係わっているようなヒントがみえてきて、おまけにセルゲイからわたされたという児童ポルノの映像に映っているのがみちるらしくて・・・。 そんな経験をしていたみちるを抱いていたことに罪悪感をおぼえた晶は大会直前で逃げ出しそうになるが、直前に復帰して見事「春の祭典」を決める。

とかなんとか。まじめだったりギャグだったりサスペンスだったりで色々あるので楽しいなあ。

_ 小川彌生『わたしのせんせい』(ワイドKC Kiss)

わたしのせんせい Amazon

小川彌生がまとめて出た。

こちらは講談社の『BETH』で連載していた作品。

漫画家の小川先生は実は宇宙エネルギーで変身して地球を守る戦士だった。でも移動手段がないので川崎の麻生区と稲城市のあたりだけが守備範囲という・・・。

『キミはペット』でもさんざん出てきた担当編集のマツがここではさらにかわいく(というかキリッと)描かれているなあ。

アシスタントなのにいつの間にか地球を守る戦隊の一人にされてしまった主人公は、戦隊の指揮官(イケメン)に片思い。でも宇宙人である彼の真の姿は触手なのでそこが難関。。。でも拒否反応より、触手だとどうやってアレするのだろう、、と言うことのほうが気になっていたり :-)


2008-05-14(水) [長年日記] この日を編集

_ 『Dokiッ!(6月号)』

Dokiッ!(6月号) Amazon

ブツ行方不明中につきタイトルだけです。。。

_ 『ヤングコミック(6月号)』

ヤングコミック(6月号) Amazon

ブツ行方不明中につきタイトルだけです。。。


2008-05-15(木) [長年日記] この日を編集

_ 『快楽天BEAST(6月号)』

快楽天BEAST(6月号) Amazon

物が行方不明につき。。。

表紙はさめだ小判じゃなくなってるのだなあ。

_ 八月薫/粕谷秀夫『ホテルで抱きしめて(3)満開乙女編』(NEOコミックス)

ホテルで抱きしめて(3)満開乙女編 Amazon

話はいつもどおりなのだが、男性ホテルマンは主人公一人というわけでもないだろうに、なぜか客から頼られるのだなあ。

女医先生のシチュエーションが割と好き。


2008-05-16(金) [長年日記] この日を編集

_ 花田祐実『天然スイートハート』(MIU恋愛MAXコミックス)

天然スイートハート Amazon

世間知らずの女の子が惚れた相手は遊びのつもりだとか、それをいろいろ言ってくる男性のほうが気になってアプローチをしてみても、遊びとしか思ってもらえなかったり。

_ 小林俊彦『ぱすてる(19)』

ぱすてる(19) Amazon

二人が同居していることが学校にばれてしまい、処分されそうになるが、「母親になる予定」の人が保護者として現われて。。。

って、同居(同棲)がばれるかもというのは古典的な展開なのでなんだが、周りの人の恋愛話が広がるのは好きな感じ。

_ 『コミック百合姫(6月号)』

コミック百合姫(6月号) Amazon

忘れた。

林家志弦『ストロベリーシェイクSweet』は、リゾートホテルのスイートで一緒の二人がとうとう??? いざとなるとせっぱつまって「女の子同士ってどうやるの?」と電話で聞いたり。

かずまこをの松本先生とななおのシリーズが良い。

_ 『PJ ピーチ・ジョン(vol.65/2008summer)』

PJ ピーチ・ジョン(vol.65/2008summer) PJ

全面キティとは。。

_ 『Foresight(6月号)』(新潮社)

Foresight(6月号) 6月号目次

これといって目立つ特集記事を組む雑誌ではないので見どころというのもないのだが、堅実にいろいろな視点を提供してくれるところが役に立つ。

今回は『毒ギョーザに沈黙「食品安全委員会」の非科学性』あたりが(自分の知識で押さえてない範囲で)面白い。

全般には天下りによる腐敗には厳しいか(今回なら信金中金のシステムトラブル)。

Foresigtは定期購読専用なので普通にはバラで読めないが、試しに見たかったら旭屋書店など一部の大型書店なら普通に買えます。


2008-05-17(土) [長年日記] この日を編集

_ 宇仁田ゆみ『うさぎドロップ(4)』

うさぎドロップ(4) Amazon

うさぎドロップももう4冊。

りんが風邪をひいたり、なわとび大会の練習をしたり。

風邪をひいたときには、子供の体調の心配はさておき、いつまでも付き添いで休めないからインフルエンザでも学校に戻したいとか考えてしまうという親の都合を恥じてしまうコウキのお母さんでした。

表紙で走るりんの後ろは表4でダイキチが追いかけています。

_ 宇仁田ゆみ『よにんぐらし(4)』完結

よにんぐらし(4) Amazon

とうとう完結。

描き下ろしで、ユリとコタローが中学生になったバージョンがあってこれもあまり変わってないところが笑える。

表紙は狙ったのか、同時発売の『うさぎドロップ』と同じポーズ。


2008-05-18(日) [長年日記] この日を編集

_ 【読了】館淳一『誘う鏡』中原研一きたあ :-)

この間届いた館淳一の本を読了。

表題作でまたまた中原研一が登場してきたのは笑った。こんどは元警察とかじゃなかったけど。。。

中原研一は館淳一作品によく出てくる登場人物。他にもブルゴン商事とか夢見山市とかは頻出の設定ですな。


2008-05-19(月) [長年日記] この日を編集

_ 『コミックリュウ(7月号)』

コミックリュウ(7月号) Amazon

とりあえずは、ナヲコの高校生三味線マンガ『なずなのねいろ』目当てで買い続ける。

あとは、『おもいでエマノン』のコミックス発売記念とかで、梶尾真治と鶴田謙二の対談と、エマノンのポスターつき。

_ 椿いづみ『俺様ティーチャー(2)』

俺様ティーチャー(2) Amazon

正義の味方の正体がばれそうになったり、、いや普通とっくにばれる… 。

_ 高屋奈月『星は歌う(2)』

星は歌う(2) Amazon

なんかこの作品はあまり好きになれんのだよなあ。主人公が変なやつというだけで、『フルーツバスケット』の透くんのような周りをひきこむようなパワーもないし。でもなんか同じような役回りをさせようとしているみたいでいまひとつそぐわない感じもするし。

_ 藤原規代『アラクレ(7)』

アラクレ(7) Amazon

最近話が進まないのでだれてきました。

_ 桂明日香『花やしきの住人たち(1)』

花やしきの住人たち(1) Amazon

『そこは僕らの問題ですから』がおもしろかったのでこれも買ってみる。

父親が蒸発してしまったので祖父を頼っていったところ、男子なのに女子高の寮に入れと言われてしまう。

そこで出会った女子は幻想を崩すには十分であったが・・・。みたいな。

_ 松井勝法/城アラキ『ソムリエール(6)』

ソムリエール(6) Amazon

いつもの感じで。(あまり言うことがない)

_ [マンガ]okama/倉田英之『CLOTHROAD クロスロオド(6)』

CLOTHROAD クロスロオド(6) Amazon

最近買い始めてるのだった。

まとめてよむといいけど、連載を追っかけてると結構かったるいな。


2008-05-21(水) [長年日記] この日を編集

_ 『電撃大王(7月号)』

電撃大王(7月号) Amazon

表紙のふる鳥弥生『図書館戦争 SPITFIRE!』の戦闘服姿がいい感じ。

電撃大王は来月号からリニューアルとかで、またまたゲームやアニメとつながった作品が増えるようなのだが、『はやて×ブレード』はウルトラジャンプに移籍とかよくわからん状態に。


2008-05-23(金) [長年日記] この日を編集

_ 『アフタヌーン(7月号)』

アフタヌーン(7月号) Amazon

いろいろありました(手抜き)。

_ 村山由佳『おいしいコーヒーのいれ方 Second Season II(2) 明日の約束』(ジャンプ Jブックス)

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season II(2) 明日の約束 Amazon

年に一度の「おいコー」です。

セカンドシーズン(第2部)の2巻めにきたのだけど、ちょっとだるい感じ。ショーリのモノローグだけで進んだというか。

_ 今村陽子『アノニマス』(シルフコミックス)

アノニマス Amazon

読んだことのない人なのだけどなんとなく惹かれて買ってみたらあたり。

画面はややパンチ不足で白い印象もあるけども、それはそれ。

舞台は昭和初期の日本か。アノニマスとは子供のころから仕込まれた本当の名を持たない暗殺集団の工作員を指す。

登場するのはそのアノニマスの工作員たち。任務遂行だけがすべてのはずなのに、組織を裏切るほどの感情がめばえたり。

ただし、雰囲気を味わう作品なので、スパイものとかノワール系としてみてはいけません。

_ 光永康則『怪物王女(7)』

怪物王女(7) Amazon

いつもどおりなんやかんやと姫のまわりに妨害する連中が来る展開なのだが、いつもどおりそれなりに面白い。

この作者で面白いのは、姫がなにか敵が仕掛けた奇異に巻き込まれる話の場合、冒頭からすでに巻き込まれた状態から始めるところが多いこと。いきさつは回想シーンで、、ということが多い。もちろん時系列に描くよりよほどよい。

_ 雁須磨子『幾百星霜(1)』

幾百星霜(1) Amazon

エロティクスF連載のあれ。

女子にしては背が高すぎるという名目で婚約を解消されてしまった女学校に通う主人公。断ったやつの顔を拝みに行きましょうとクラスメートに圧されて会いに行ったものの。。。

_ 『あまから手帖(6月号)』食いしん坊のバール散歩

あまから手帖(6月号) Amazon 目次

とりあえず、淀屋橋・北浜近辺も出てくるからなー。


2008-05-24(土) [長年日記] この日を編集

_ 鶴田謙二/梶尾真治『おもいでエマノン』

おもいでエマノン Amazon

やっときたーーーーーーーー(^O^)

コミックリュウの連載もすべて読んでたわけじゃなかったし、まとめて読むと重みがあるなあ。

語りと会話が中心でキャラが動き回る話ではないのだけど、フェリーの中での出来事がとても密度のある時間に感じる。

_ 藤井明美『スイート☆ミッション(7)』

スイート☆ミッション(7) Amazon

学園祭でデート権を手に入れた白田さんが、使う気がないと言っていたのにやはりデートしたいと言い出したので気が気ではないが・・・。

このあたりから白田さん準レギュラー化。苦手苦手といわれつつあまり嫌われてないみたいだし。

ケーキ教室でクリスマスケーキを作る話も味付けに。

_ 那州雪絵『魔法使いの娘(6)』

魔法使いの娘(6) Amazon

無山の留守を守るためにジュニアとよばれる強力助っ人がやってきた。

初音はジュニアや無畏の力を借りて、闇にひきこもる無山を連れ戻すことに成功するが、戻ってきた無山に対する初音の当たりはやはり強いのだった :-)

その騒ぎのときに小弥汰を自分の式神にしてしまった初音。教習所での騒ぎにも使ってみたり:-)

_ びっけ『獏〜BAKU〜(3)』

獏〜BAKU〜(3) Amazon

リンの前任者・ヘリオスが獏の総長ヘリオスによって処刑されたいきさつのあたり。そして今の夢魔総長アルセニカの秘密。


2008-05-25(日) [長年日記] この日を編集

_ 『航空ファン(7月号)』

KF(7月号) Amazon

ステルス戦闘機、F-117ナイトホークが退役するのでその特集。

ステルス機の歴史みたいなものも含めて取り上げている。

_ 『少年シリウス(7月号)』

少年シリウス(7月号) Amazon

表紙は怪物王女。

姫のカラーイラストは肌が人間離れして(人間じゃないし)真っ白なところが魅力ですな。白・金髪・目の赤・黒い服という限られた色だけの画面。

そしてこの身を乗り出した勝気そうなところ(^O^)やノースリーブの服から出る二の腕(^O^)


2008-05-26(月) [長年日記] この日を編集

_ 『ゼロサムWARD(7月号)』

ゼロサムWARD(7月号) Amazon

中身忘れた。。

_ 『電撃スケールモデラー(7月号)』現代AFV特集 & 休刊

電撃スケールモデラー(7月号) Amazon 目次

現用のMBTが好きなのでこういうときは買う。とくにメルカバ4の作例まで載ってるとあっては。

しかし、こんなものが。→電撃スケールモデラー休刊のお知らせ

一年持たなかったか…。


2008-05-28(水) [長年日記] この日を編集

_ 『Comic Zero-Sum ゼロサム(7月号)』

Comic Zero-Sum ゼロサム(7月号) Amazon

最近は買って家に着く前に外で飯食いながら読みきってしまうので、感想がその場限りだなあ。

とりあえず最近はおがきちか『Landreaall』がアカデミー防衛戦をつづけていて目が離せない。

_ 『ITアーキテクト(vol.17)』クラウド・コンピューティング

ITアーキテクト(vol.17) Amazon

クラウド・コンピューティングとかサーバ仮想化ロードマップとか。

関心の対象があってなくて今ひとつ。

_ 桂明日香『ハニカム(1)』

ハニカム Amazon

ガンオタ娘とか、貧乏娘に餌付けしてみたりとか、なんかどうでもいい感じ。


Creative Commons License
当サイトの日記本文は、明示的な引用を除いてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
©vette<vette@mail.ne.jp>