最新 追記

煩悩日記

tDiary以前
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2008|01|04|05|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|11|12|
2012|01|02|03|04|
2014|10|
2015|04|12|
2016|02|03|04|05|06|08|
2017|01|

rss1.0 [ツッコミナシRSS]

2014-10-11(土) [長年日記] この日を編集

_ ぼちぼち

復帰しようかなと思って、とりあえずtDiaryを最新にしておこうと。

tDiaryが3.2.1だったもんで、最新の4.0.5に上げてみたら動かない…。rake 10.3.2が見つからんと言われる。ううむ、gemもbundlerも苦手なんだが…と思いつついろいろやってみたところ、

  • bundle install をtdiary配下に限定
bundle install --path vendor/bundler
  • システムにはbundlerが10.3.2が入ってるのに10.3.1を見てるとか言われたので

tdiary配下に含まれているrakeのディレクトリ名が10.3.1だったのを10.3.2に変更(中にはいってるbinは10.3.2だったので)

あと

uninitialized constant TDiary::TdiaryDiary::DiaryBase (NameError)

が出たのでググったらこちらに同類事象があったので参考にしたら解決。

gitと同期してないディレクトリで運用しているとこういうとき面倒。


2014-10-12(日) [長年日記] この日を編集

_ iPhone5s(64GB)→iPhone6(128GB)へ機種変更

急いで入手する必要も無かったのだけど一括で買うと高いし(5sは一括で買ったけど)、ソフトバンクでは今のiPhoneを下取りに出すとかなり安くなる「タダで機種変更キャンペーン*1。をやっていたので、iPhone6に変更してきた。

タダといっても、これはiPhone6の16GBモデルの場合で、当然64GB/128GBモデルだと負担が増える。でもiPhone6の128GBにするのに、まとまったお金も要らないし月々負担も大きくない。

在庫待ちとかで結構待たされるかと思ったらすぐ受け付けてくれた。

ちなみに、今のiPhone5sは約一年前の2013/09/25に購入(手元に届いた日)。iPhone5を落としてガラスが割れて、修理するにもかなり料金がかかると言われたので、じゃあもう5sに変更するかなあと思って買ったのだった。その前のiPhone5はこれまた1年ぐらい前(2012/09)頃だったかしら。

しかし画面大きいのもいいけど字もでかいな。

ゲームあまりしないので、ゲームのありがたみは無いけど、PinterestとかTumblrみたいな写真系アプリは写真が大きく見えるのはいいかも。

*1 それはそうと、キャンペーンサイトへのリンク張ってみたのはいいけど寿命短そうなURLね。


2014-10-13(月) [長年日記] この日を編集

_ 台風で例会が中止

今日は弓友会の月例会だっだったけれど、台風19号のため中止になりました。

普段は朝7時時点で暴風警報が出ていれば中止となるのだけど、今回は警報が出る前だったけど中止との判断になりました。

中止になったのを知ったときはもうモノレールの中だったし、個人利用は出来るみたいだったので道場まで行って、昼間で練習。妙に疲れてしまった。

相変わらず引き分けから身体が弓の中に入っていけない。何本かはこれか?という感じでひけたけども…。

_ Swiftのplayground

Appleの新しい開発用言語、Swiftはまだ見始めたところなのだけど、playgroundというのがドキュメントとソースが一緒になった構成になってて、なんとなくWirthとその弟子が開発したOberonの環境を思い出してしまった。純粋なコンパイル環境もあるんだけど、あれも文書の中のコードを評価して実行する感じだったなあ。


2014-10-15(水) [長年日記] この日を編集

_ 穂積『うせもの宿(1)』(フラワーコミックスα)

うせもの宿 Amazon

『式の前日』の穂積の最新作。

失ったものを探している客だけが泊まれる宿、うせもの宿。

客はそこで本当に探していたものを見つけられたら去って行く。

しかし若くて(というか幼い)横柄な女将や、客を案内してくる男とかいろいろ因縁がありそうな。1巻の最後のところで女将にも過去があって、不思議な宿を統べる絶対者というわけでは匂わされているが…。

_ 原鮎美『石精奇譚(1)』(ビームコミックス)

石精奇譚 Amazon

『でこぼこガーリッシュ』『ピーチ・オン・ザ・ビーチ』の原鮎美。

今度は日本じゃ無くてヨーロッパのどこかのファンタジー。

銀色の瞳で目を合わせて相手を石に変えてしまう動物たち、石精が住む世界。人は石に変えられる危険と引き換えに、石精の心臓を加工することで得たエネルギーに頼っている。

石精と同じ銀の瞳を持つ少年フィーカは、自分の体質を人に話すことも出来ず悩んでいたが…。

と、いままでとは違った設定でやってきた。

しばらく様子見。


2014-10-16(木) [長年日記] この日を編集

_ アキヤマ香『長閑の庭(1)』(KC KISS)

長閑の庭 Amazon

41歳年上のドイツ文学教授に恋心を抱く大学院生元子という年の差恋愛。

助手からも教授に好意を持っているとバレバレで、教授にも気持ちを伝えたが、それは恋では無く可愛いもの好きの類とすげなく断られたりしたものの、敬遠されているわけでもなさそうで…?

てな具合で、なんか一人であたふたしているだけにも見えなく無いが、浮いたり沈んだりの展開が。


2014-10-17(金) [長年日記] この日を編集

_ 犬上すくね『バターナッツ!(1)』(サンデーGXコミックス)

バターナッツ! Amazon

犬上すくねの新シリーズ。

大学生になって、家を出て女性とルームシェア…と思ったら、実は相手は男で、しかも映研のイヤミな先輩で…。

って、この二人のいがみ合いようは犬上すくねらしい感じはする。男とルームシェアしてることはバレないように…てのもちょっと王道すぎるような…。

_ 夢路行『あの山越えて(25)』(秋田レディースコミックス)

あの山越えて Amazon

今回は大きく2つ。まりなの双子の父親が●●だという話と、空回りしがちな藤岡先生、がんばってへこたれて。

もう25巻まで来た。長いですね。続くのもうれしいけど、切りがいいところで終わるのも大事なんだけど。

この話もわりと好きなんだけど、最近は夢路行らしい変な話(ファンタジー系)はもう同人誌でしか見ないからなあ。まあ「ぶ〜け」がない時点で載せられるところは「ネムキ」か「ITAN」ぐらいしか無いかも知れないが。


2014-10-18(土) [長年日記] この日を編集

_ iPhoneで通信速度制限

夕方まで普通に使えていたのに、夜旧に遅くなって、ほとんど通信出来ないのが2日ほど続いた。

7GB/月 を超えるほど使ってないのになあ、と思ってMy Softbank を見に行こうとしてもタイムアウトして見に行けない。結局WiFiでつないで確認したところ、7GB制限じゃなくて「3日で1GB」制限に引っかかってた。3日間で1.02GB。

それはそれで仕方ないとして、制限かかったときの遅さが半端なくてこれは本当に128Kなのか?と思うほど。軽いWEBサイトなら参照できるが、サーバサイドでタイムアウチのチェックが入ってるようなサイトとか、SNS系はほぼ全滅。AppStoreのダウンロードが案外(時間はかかっても)動いたのが驚き。

多少Softbankにどうこういってもかわらなさそうなので、WiFiつながるところではWiFiで、特にAppStoreのダウンロード(アップデートも)はWiFiのときだけ、とかにしておかないとすぐあふれる。

WiMAXモバイルルーターを持ち歩くようにしてもいいんだけど、いろいろ面倒くさいので、しばらく様子見。

どうしても無理だったらキャリア変更するしかないですね。


2014-10-19(日) [長年日記] この日を編集

_ 近畿地域弓道大会@大阪城弓道場

今日は大阪城弓道場で「近畿地域弓道大会(近畿大会)」。

普段は「大阪府弓道連盟」の単位の射会なんだけど、近畿大会は近畿の地連の連合会(近畿地域弓道連盟連合会)の主催なので、大阪だけじゃ無く、京都・奈良・兵庫・和歌山・滋賀から500人ぐらい参加する大きな大会です。

会場は持ち回りでその年の連合会の幹事地連が実施するので、大阪城。去年は京都武道センターでした。

それはそうと、この大会は人数が多いので一人4つ矢x3人チームで一立ちしかないので4本だけで決まってしまう。

去年は三中だったけど今回は一中…。チームとしても5中だったのであえなく惨敗。

知り合いの立ちは見学してたけど具合悪くなってきたのでさっさと早退して家で寝てました。

_ 平尾剛『近くて遠いこの身体』(ミシマ社)

Amazon

元ラグビー選手の平尾剛による、ラグビーを通じた知見…の本なのだが、ちょっと物足りなかったなあ。内田樹と平尾剛の対談なんかは面白いんだけど。

細かい話にページを割きすぎて語れないことが多かったのか、こんなのはラグビー選手に取ったら当たり前と思って紹介に値しないと思ってしまったのか…。


2014-10-21(火) [長年日記] この日を編集

_ iOS8.1にアップデート

いつ作業したかの覚え書きです。

iOS8.1の正式版が出たのでアップデート。

iOS8.1betaを入れてあったんだけど、iTunesではすでに最新版なのデップデート不要と判断されてしまう。でもiPhoneの中からソフトウェア・アップデートを動かすとアップデートされるんですね。


2014-10-22(水) [長年日記] この日を編集

_ Wiki試行錯誤

いまはプログラミング系のことを書くのにHikiを使ってるのだが、ややメンテが遅いとかコメントやRefererのSPAM対策(やFilter)がtDiaryに比べると手薄なせいで結局OFFするはめになってしまっているので別のWikiクローンを物色(定期的にその熱が来る)。

いろいろ見たあげく、MediaWikiを試してみることにしようと思って入れてみる。サイトの中身や規模に比べてオーバースペックなシステムだけど。

しかしインストールしようとしたらPHPが古いと言われる。MediaWikiの最新版(1.23)はPHP5.4.x以上が必要。しかしインストールされているのは5.1.xだとか。

PHPをアップデートしようと思って見たが、このレンタルサーバ(VPS)だと、rpmは入っているがyumが入ってなかったりで、アップデートにたどり着く準備が煩雑。

仕方なく互換性リストを見て古いバージョンを入手してインストールして、やっと動かせたと思ったら…。

「そうか、普通のWikiは文書タイトルがURLと紐付いてるんだった」

ってことに気づいてやめる。

Hikiは、最初に作るときは「タイトル=URL」なんだけど、URLを変えずにタイトルだけ変えられるのが最大のメリットなのに、Hikiから他のWikiに変えない理由をいつも忘れる。

(そしてHikiは、1.0.0に上げようとしたらbundleでエラーがでて解消出来ないので0.9devのまま…)


2014-10-23(木) [長年日記] この日を編集

_ かまたきみこ『KATANA(12) - 小鍛冶 -』(あすかコミックスDX)

Amazon

もう12冊目。

今回は1巻1エピソードじゃなくて割と短い話が集まってる。

今回は葉月の絡む展開がすくなくてちょっと寂しい。葉月は別に刀や魂魄のことがわかるわけではないが、脇でパワーを発揮するからなあ(^_^)

ちなみに、かまたきみこデビュー20周年記念の小冊子(描き下ろしマンガ付)の全プレがあるらしく、応募券が帯に付いてる。ただし他に月刊ASUKAの12月号と1月号の応募券もいるようだが…。

_ 稲葉みのり『源君物語(6)』(ヤングジャンプコミックス)

Amazon

瀬見さんの話は割と好きだなあ。どこかのストーカーの話に比べると(^o^)


2014-10-24(金) [長年日記] この日を編集

_ 荒木飛呂彦『ジョジョリオン(8)』(ジャンプコミックス)

ジョジョリオン Amazon

今回は驚きが今までの間より少ない気がするぞ(^_^)

それはそうと、次の巻は、クワガタのバトルなのか…。

_ 筒井旭『にもかかわらず(1)』(マーガレットコミックス)

Amazon

『Cocohana』連載中の作品。

Cocohanaでは読んだり読まなかったりだったのだが、ふと手元のバックナンバーも含めて読み返してたらちゃんと読みたくなったもんで。

18歳女子だけど男勝りでけんかばかりしているヤンキーのキヨは、昔親の再婚で出来た義理の兄がいて、記憶も曖昧だけどもいい感じの思い出があったのでその兄の面影を追っていたが、そこに現れたのが…。

みたいな展開。

連載はいまちょうどぐちゃぐちゃになったところです(^_^)

_ 山本小鉄子『今夜も眠れない(3)』(BIRZコミックス ルチルコレクション)

Amazon

いちおうBLだけどもライトなので…。

ベルデ達とダブルデート中に、エンドの存在を疎ましく思っている勢力(兄)にさらわれてしまった力也。エンド達も魔界に追いかけていくが…。

今回で完結。

エンドもいいけど、ベルデのこっちの姿もかわいいよなあ。ショートカットになって。


Creative Commons License
当サイトの日記本文は、明示的な引用を除いてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
©vette<vette@mail.ne.jp>