«前の日記(2017-01-21(土)) 最新 次の日記(2017-01-23(月))» 編集

煩悩日記

tDiary以前
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2008|01|04|05|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|11|12|
2012|01|02|03|04|
2014|10|
2015|04|12|
2016|02|03|04|05|06|08|
2017|01|

rss1.0 [ツッコミナシRSS]

2017-01-22(日) [長年日記]

_ 松本救助/増田晶文『いっぽん!! しあわせの日本酒(3)』(ヤングジャンプコミックス)

いっぽん!! しあわせの日本酒(3)
Amazon / Kindle

表紙の紗々が普段と違ったので買うとき判らなかった…。

今回もいろいろなシチュエーションに合わせた(託した)日本酒を。


いっぽん!! しあわせの日本酒(3)
いっぽん!! しあわせの日本酒(3)
いっぽん!! しあわせの日本酒(3)

_ 瀬那和章『神さまは五線譜の隙間に』(メディアワークス文庫)

神さまは五線譜の隙間に
Amazon / Kindle

丹地陽子の表紙買い。

憧れの調律師として就職したワンコ系男子・幹太、有能だけど無愛想で近づきがたく「SP調律師」と呼ばれている時子が先輩だった。

業界でその名をとどろかせた名調律師に師事していた時子は、師が亡くなった後もまだ届かないと高みを目指し続ける。

これでいいと思ったまだその先を詰めることで「神が降りてくる」という。

しかし時子は練習用の調律は請け負うものの、コンサート用の調律は引き受けない方針だった。時子が断る理由とは…。

調律師の話はいくつもあるが(本屋大賞になった宮下奈都『羊と鋼の森』も)、描かれている話が身の回りになっているので面白い。大舞台を相手にするとかじゃなくて、身近なところで目の前の個々の課題に取り組む感じで、調律以外にも通用する描写になるからかな。

まあ、最後の電話越しで云々はちょっと盛りすぎで、あり得ないと思うけど。

今回は表紙と帯のコピーに釣られて買ったら中りでうれしかった例。 こういうのがあたると楽しい。選択が間違ってなかったことがうれしいというよりは、「表紙も好きで中身も好き」となったら手元に置いてても再読したくなるからね。

目次

Creative Commons License
当サイトの日記本文は、明示的な引用を除いてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
©vette<vette@mail.ne.jp>