«前の日(02-17) 最新 次の日(02-19)» 追記

煩悩日記

tDiary以前
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2008|01|04|05|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|11|12|
2012|01|02|03|04|
2014|10|
2015|04|12|
2016|02|03|04|05|06|08|
2017|01|
2018|11|

rss1.0 [ツッコミナシRSS]

2005-02-17(木) この日を編集

_ 高尾滋『てるてる×少年(10)』

いやいや、最近はどんどん深みにはまっていきますな。

もう戻れないような状態になってるし。謎の少女の正体もわかったし…。とりあえず真の姫様と言うことではないようだが、それにしても…。

とびらのユーリと千代があやしくてよいわ。

てるてる×少年 Amazon

_ 犬上すくね『ラバーズ7(3)』

いかん。リストから漏れていた。

店長となつきのすれ違いと、社長と部長のプライド対決の代理でなつきとひろみが卓球対決。でもただの当て馬というか道化役になってることを身をもって知らされてしまったひろみはラバーズ7を辞めるが、ひろみを待ってるなつきをみて店長が無理矢理連れ戻しに…。

社長の「ささやくの、わたしのゴーストが」がよい :-)

ラバーズ7 Amazon

_ 田辺イエロウ『結界師(6)』

志々尾が登場のあたり。

時音があまり活躍せんなー。

Amazon


2006-02-17(金) この日を編集

_ FREESPOTを使ってみる

仕事の関係で大阪市内のホテルに一泊することにした。

旅の窓口(楽天トラベル)では検索条件で「インターネット利用」を指定できるのと、一覧にNTTの「フレッツ・スポット」有無が出てくるのが便利。 ただしフレッツ・スポットはロビーでしか使えなくて、客室では使えないことが多い。

有線LANだと取り回しに制限が多くて机に向かってないといけないことが多いので無線LANが使えるところをいくつか物色してホテルオークス新大阪にする。新大阪と言うけども西中島南方にある。阪急南方よりも南側にあるので、新大阪というのはちょっと偽りありである :-)

このホテルは1Fロビーの喫茶店とレストランではフレッツ・スポットが使えて、客室ではFREESPOTが使えると言うのが売り。

FREESPOTは使ったことが無かったけども、室内でPCを立ち上げて無線LANアクセスポイントを検索するとすぐに現れる。ThinkPadの Think Vantage Access Connection 4 だと検索結果が電波強度の強い順に距離が近いようにグラフィカルに表わされて、アクセスポイントをクリックするだけで繋がるので楽ちん。(まあ、Windows標準でも似たようなものと思うが)

WEPキーもないのでセキュリティ的はどうかと思うが、いちおうPrivacy Separatorはあるみたいなのでまあいいか。なにより、事前にアカウントを取っておかなくても自由につなげられるのがメリットなので。

ちなみにホテルの案内では11Mbps(IEEE802.11b)となっていたけど、実際につないでみたら、54Mbps(IEEE802.11g)にあがっていたようで、48Mbpsぐらいで繋がっていた。

よく調べるとFREESPOTが使える店が行動範囲にもあるので、今度また試してみよっと(ヨドバシ梅田B1Fも、FREESPOTとフレッツ・スポットが使える模様)。


2007-02-17(土) この日を編集

_ 館淳一『ナイロンの罠』(双葉文庫)

ナイロンの罠 Amazon

昨日も館淳一の文庫を買ったばかりなのに、見計らったように文庫新刊が出てしまった :-)

思わず買ってしまったけども、これは20年以上前の旧作を集めた短編集でした。 くわしいことは館淳一HPでの解説で、というと書くことが無くなるな :-) しかしここで紹介されている名言として"「これを読まずして館淳一を語るなかれ」"はいいとして、"「これを読まないshe-maleはモグリだ」"というのは凄いな :-)

表題作『ナイロンの罠』は結構倒錯した姉弟モノ。姉夫婦と同居するようになった主人公は姉の下着に魅せられ、隠れて女性下着を着用していた。しかしそれを知った姉の亭主に脅かされて犯されてしまい、奴隷にさせられる。ホテルで抱かれているときに姉達に踏み込まれ、姉夫婦は離婚することになるが、実はもともとが姉の策略で、弟の嗜好を知った上で、亭主が手を出すであろうことも知った上で同居を薦めていたことが判る。そしてこれからは姉の奴隷として生きることに…。

その他の収録作は『禁断の園』、『女体に棲む蛇』、『悪の性質』、『女囚の蜜』(SFかと思うほど奇想天外)、『美しき生贄 』。

古さを感じさせないところが凄い。


2011-02-17(木) この日を編集

_ 弓道教室(6回目)@朝日カルチャー

前回はこちら

今回も体配(行射)と巻藁。

体配は、行射の時の入り方/曲がりかた(大前とそれ以外の)。いままでは大前を意識した入り方は習ってなかったな。

巻藁は、うーむ。右上に飛ぶことよりも馬手が問題。先生には右手の手首で引いていると言われていたもののいまいちわからなかったのだけど、大三から会に移るときに、馬手が肘で真後ろに引く感じではなくて手首を下げながら引いていると言われた。

素引きだとあまりそうなってないつもりなのだけど、矢をつがえているとどうしても離してしまわないように気が行くので力んでしまうようだ。

鏡見ながらやったほうがよいのかしらん。

そういえば4月から始まる後期の受付は2/24から開始するらしいが、普通にネットで申し込むだけなのかな。教室内で案内があるのかどうか。


Creative Commons License
当サイトの日記本文は、明示的な引用を除いてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
©vette<vette@mail.ne.jp>