«前の日(01-12) 最新 次の日(01-14)» 追記

煩悩日記

tDiary以前
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2008|01|04|05|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|11|12|
2012|01|02|03|04|
2014|10|
2015|04|12|
2016|02|03|04|05|06|08|
2017|01|
2018|11|

rss1.0 [ツッコミナシRSS]

2006-01-12(木) この日を編集

_ 二ノ宮知子『のだめカンタービレ(14)』

のだめカンタービレ(14) Amazon

今回なかなか充実。

千秋の挫折はまあ前回から想像できたこととしても、のだめと千秋のボケ・ツッコミとか 関西人はパリジャンですとか、結局のだめにおされながらも決して嫌々でない千秋とか。

「自分で選んだのは 変態 だけですから」がいいの :-)

初回限定版はしおりとマングース(笑)のしおりフォルダー付き。

_ 宇仁田ゆみ『酒ラボ』(KCDX)

酒ラボ Amazon

宇仁田ゆみの新刊は農大で醸造の研究をしてる人達の酒造りの話。

でも主人公は酒がダメで、将来の目標もしっかりしてなくて決断が遅い。 同じ研究室の女の子に好意は抱いているが何も進まず…。

で、主人公自身は情けないのだが、わりと周りの登場人物も癖があっておもしろい。

どこで描いてたのかと思ったら、『KANSAI 一週間』で連載していたとは…。そら読んでないわ。

そういえばTDKの店頭用パンフでも描いてたのだよなあ、宇仁田ゆみ。

_ 『コミックビーム(2月号)』

コミックビーム

志村貴子『放浪息子』。クラスで男女取り替えの倒錯劇をやることになりそうな気配で、例の仲良しもちょっとどきどき。更科さんと千葉さんは折り合いが悪いが、更科さんははっきりものをいう千葉さんが好みらしい…。

森薫『エマ』。深夜屋敷をさまよっているところをモニカガールズたちに囲まれたエレノア。まゆをよせて額にしわを作ってる物真似をされて、自分がどんな顔をしているか知らされたエレノアはやっと持ち直したようです。

入江亜季(入江アリ)『群青学舎』第4話「花と騎士」。 とらわれた姫と従者。男っぽくて短期な姫と気が気でない従者達。って入江亜季の得意パターンですなヽ(^o^)丿

岩原裕二は読み切り『ケイタの釣り』。亡くなったじいちゃんの形見の釣り道具(毛針釣り)を手に、最後にいっしょに楽しんだ釣りを続けようと街で釣り場所を探すケイタ。 お節介につきまとうハルカとか、定番だけどいい感じ。

竹本泉『よみきり・もの』。またなぞの雪だるまの話が :-) とはいっても前に出てきた雪だるま(誰が作ってるか分からない)とはちがうけど。

安永知澄『わたしたちの好きなもの』は完結。こんな終わり方をするとは。

_ 『ワールドガイド エウレカセブン ray=out』

ray=out Amazon

正式な名前は『ワールドガイド エウレカセブン TR1:NEW WAVE THE MAGAZINE OF GAME ray=out』というらしい(長い)。

『ray=out』はご存じの通り作中でゲッコーステイトが発行している雑誌の名前だが、バンダイが店頭配布の雑誌に折り込み付録でつけていたエウレカセブンの広報誌の名前もこれだった。

今回はその『ray=out』復刻版もついているので買ってきました。

ムックの中身はアニメ版とゲーム版の紹介なので、知っていればあまりじっくり読むところもない…。

_ 新刊予定

例のごとく→2月の購入予定


2007-01-12(金) この日を編集

_ 『mina』柴咲コウの表紙に釣られて…

mina

『mina』は20代前半ぐらいの女の子向けファッション誌(会社の若い子も読んでいた)で、普段は田中美保などのモデルが誌面を占めているという雰囲気だが、表紙の写真がちょくちょくいいときがある。

今回は、これ柴咲コウなのですが、あまりにもイメージとちがって、それに清楚(?)な印象で思わず買ってしまった。前髪のかかり具合とアーモンド形の眼がよいわ。

_ 『快楽天BEAST(2月号)』今月から独立創刊

快楽天BEAST(2月号)

今月から独立創刊したみたいです。

それはいいとしてブツが見あたらなくなったのでまた後で…。


2009-01-12(月) この日を編集

_ 【DVD】「電脳コイル」#15〜#26

いまさらながら電脳コイルです。

DVDでいうとVol.6〜9の後半4巻。

正月にvol.6/7を見ていて、ハラケンがあっち行ったり戻ってきたりで新しい展開が出てきたので、あわててvol.8/9を追加で購入。

こっちも目が離せない。

イサコはずっと通っていた病室の現実を知らされて拠り所にしていたところがなくなって不安定になるし、おじじの部屋で書類は見つけるし、4423が思っていたのと違う番号だとわかったり、「22じゃよ」とかまた新しい事実が。なんやらかんやらで今まで見えていた材料が別の側面を見せ始める。

'#23「かなえられた願い」でイサコの変わり果てた姿のあと、もう何もかも忘れることになるのかと思いきや、#25から#26にかけての展開がたまらん。

(※いちおうネタバレ気にしてぼかしてます)

最終回とかでOPもすっ飛ばして始まったりする緊張感も好きなのですが。

それはそうと、vol.9のこの表紙、本編見るまでヤサコとハラケンかとおもってましたよ :-)

電脳コイル 第9巻 通常版 [DVD]
磯光雄/本田雄
バンダイビジュアル
¥ 3,263

これでやっと企画書とか買ったまま読んでなかったロマンアルバムとか読めるなあ。

電脳コイル (ロマンアルバム)

徳間書店
¥ 2,000
電脳コイル ビジュアルコレクション

徳間書店
¥ 3,500
電脳コイル企画書
磯 光雄
徳間書店
¥ 3,150


2011-01-12(水) この日を編集

_ 上遠野浩平『ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト』(電撃文庫)

Amazon
前の炎の魔女の因縁みたいなシリーズが終わったのでまたブギーポップへ。

しかし時制は戻って宮下藤花が高一になったころ。「末真という頭いいのがいる」とか言ってる。

内容は、、、文句を書きそうになるのであまり触れないとして、もはや何が「世界の敵」なのかがわからなくなってきた感があるなあ。読む方も惰性。

でもこの話だと藤花とブギーポップの意識は普通につながっていそうな感じが。それはミスなのかどうなのか。


Creative Commons License
当サイトの日記本文は、明示的な引用を除いてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
©vette<vette@mail.ne.jp>