«前の日(01-06) 最新 次の日(01-08)» 追記

煩悩日記

tDiary以前
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2008|01|04|05|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|11|12|
2012|01|02|03|04|
2014|10|
2015|04|12|
2016|02|03|04|05|06|08|
2017|01|
2018|11|

rss1.0 [ツッコミナシRSS]

2005-01-06(木) この日を編集

_ 上條淳士『SEX(3)』(ヤングサンデーコミックス)

と、いうことで、、初めてコミックスとして出版される3巻が出ました。全7巻まで着実な一歩。

しかし終わり方が中途半端だ…

SEX(3)

_ 桂正和『M』(ヤングジャンプNo.6/7)

とうとうコミックス化されるのを記念して『M』の袋とじイラストが〜ヽ(^o^)丿


2006-01-06(金) この日を編集

_ 二ノ宮知子『のだめカンタービレ(9)(10)』

のだめ9 Amazon のだめ10 Amazon

毎日のだめである。

ここはもうのだめのコンクールがあったり、コンクールで失敗してから実家に戻ったのだめを連れ戻そうと千秋が押しかけていったり、結局フランスに行ったりで、もう本格的な音楽ドラマ(?)なのであった。

まあ一番受けたのはのだめの母親の「あけるのココね。ボタン8コもあって大変だけどがんばってね」だったり :-)

ああ、あとはのだめがフランスに行くからといって「老後の蓄えを出して下さい」と当然のように要求するところ :-)

指揮者のコンクールを見てたら、昔NHKでやっていた小澤征爾が指揮者になるまでのドキュメンタリー番組を思い出した。あれってソフト化されてないのかな〜。

_ 『REX(2月号)』

創刊2号。

梅川和美『ガウガウわー太2』は今回から本格スタート。北海道修学旅行の続きからである。 みさとさんと会えないままずっと離ればなれになっている太助が修学旅行に行ってるとき、みさとも研修で北海道に。そして…。

高遠るい『CYNTHIA_THE_MISSION』は姉の放った追っ手の毒に倒れたシンシアだが、しっかり持ち直してさっさと脱出。元格闘家の追っ手と一対一の対決かしらん。

_ まだらさい『超飛翔!!スーパーウィングス』(ジャイブ/CRコミックスDX)

スーパーウィングス Amazon

しらんけどなんとなく。

子供向けマンガで、組み立て式紙飛行機を巡る戦いと友情の話。

普通に紙飛行機を飛ばしていたはずなのにいつの間にか試合に参加することになり…。って展開はかなり強引なのだが。

_ 『オタクエリート』(ビブロス)って…

ビブロスは一体何をやってるのだろうか。→オタクエリート

なんか『わしズム』のような雑誌のような気もしたが、勘違いしっぱなしのような内容。

いや、オタク(系文化)の地位向上とか、「オタクのえらい人」とかならいいが、コミケの1日あたりの動員数がディズニーランドの1日あたりの動員数より多いとか比べる意味のないデータを披露してみたり、ビブロス主催のオタク認定試験の合格者の分布を載せてみたり、一体誰向けの雑誌かわからん。 さすがに立ち読みしかできなかった…。つかマジで内容が寒い。

自分ではマンガやアニメに興味のないのに「オタクを目指すのもいいかも」と思ってるひと向け?


2011-01-06(木) この日を編集

_ 『good!アフタヌーン(2月号/14号)』

Amazon

水薙竜『ウィッチクラフトワークス』

表紙&巻頭カラー。

火々里さんから魔法を教えてもらって放課後に練習する多華宮くん。一般の生徒が来たけども、姿は見えないようになっている、とか。

こういう初期の練習、というか伝授場面はわりと好きなのだった。

で、火々里さんが出したホウキで、火々里さんに抱かれて飛ぶ多華宮。お姫様抱っこで抱き寄せられたので顔が胸に押しつけられてたり(^^)

雨隠ギド『花花星星』

読み切りで雨隠ギドが登場。

幼稚園の年中さんになったけど人見知りで友達が作れないゆうき。新しく金髪美少女の双子が幼稚園にやってきて、きれいな髪をみて友達になりたいと思ったが相手にしてくれない。

でもこっそりと日本語教えて、それも悪い言葉といわれて、知ってる範囲の言葉を教えたが、自分じゃ言わない悪いことをしゃべったのでおなかが痛くなる。。。双子が意地悪された仕返しにその悪口を使ったのを見て後悔。

じゃあ逆にいいことを教えてあげようと、花壇のチューリップを抜いて双子の髪がとってもきれいで・・・と褒めたら、日本語わからないけど伝わったようで・・・

何かひねりがあるわけではないが、普通の子供の成し遂げた感がいい感じ。

釣巻和『水面座高校学園祭』

やっと理事長の話になった。しかし、理事長には暗い過去が。小さい頃別れた娘が、父親を追って学園にトップ入学して来たのだったが、久しぶりに喫茶店で話しているところを見とがめられて問題に。それ以来、娘が通う学校をつぶさないことだけを目標になってきたが、そろそろもう目標もなくなってきて。。。

で、実行委員長の都と対峙。

あれでも生徒会長って・・・(2巻が行方不明なので細かいこと突っ込めず)

_ 『FEEL YOUNG(2月号)』

FEEL YOUNG(2月号)

ヤマシタトモコ『うつくしい森』

表紙&巻中カラー!の読み切り。

美術の女の先生にあこがれてる男子。ちょっときついけどもそれがよかったり。他の男子が噂で長袖ばっかり来てるのはわき毛伸びてるんじゃないのとか言ってるのを聞いて、裸でわき毛を見せつけてる先生を妄想したり。美大目指すのなんかやめなさいとかいろいろ言われてるうちに、今度はそれがとげに変化して。

って先生のことばかり考えてる妄想の話だった(^^)

宇仁田ゆみ『うさぎドロップ』

アニメ化だそうで。実写とアニメ両方ってすごいなあ。まあ見ないけども。

りんの告白は、ダイキチにとってつらいという。10年間ずっと娘と思って必死で頑張ってきたのに・・・と聞かされてりんはぐるぐるしてきて生みの親の正子さんのところへ。

りんが何か悩んでるのを悟った正子もなんかお母さんぽく招き入れてるし!

えすとえむ『うどんの女』

結構目が離せないよね〜。

学食のうどんの村田さんと、田中先生が知り合いっぽいので聞いてみたらなんと別れた夫婦だった!

そんなこともあってなんとなく行きにくくなってうどんコーナーを避ける木野。

それはうどん村田さんも気がついて、ある日「何か言いたいことがあるのなら」とつついてみたら離婚の理由を聞かれ…

おかざき真理『&』

えっちしないまま終えた二人。

言い合いになったけども矢飼も嫌ってるわけではなさそうで。。

ねむようこ『午前3時の危険地帯』

ちょっと一息って状態。久々のオフの日曜なので昼間っからテラスでビールと唐揚げ。にしようと思ったら堂本と一緒に来ることになって緊張。宮下がいいの?と無神経なことを聞いてくるので言い返そうとしていたら宮下まで合流。

鳥野しの『オハナホロホロ』

スーパーバイザーになって初めての出勤のみちる。早起き&緊張で疲れた1日。みんなでお祝いしてもらって満足なみちるだけど。

麻耶は麻耶でみちるが自立して去っていくかもしれないことを恐れてたり。。。

みいけろむこ『もういくつ寝ると』

正月前に彼氏とけんかして、一人で実家に戻ってる。けんかの理由が、正月遊びに行こうと誘ったのに、働き過ぎでクマできてるぐらい何だからゆっくり休んだら?と言われたからという・・・

で実家で悶々してたけど久しぶりに仲のいい女友達とあったら、いい彼氏じゃないと言われて、心地よさを思い出して仲直りしたいけども自分から行くのも悔しくて。

河内遙『夏雪ランデブー』

考えたあげく、六花は葉月に好きだと告白!でも今中身は島尾くんなんです・・・どうする!

_ 『マンガ・エロティクスF(vol.67)』(太田出版)

Amazon

「オノ・ナツメという魔法」特集。

トリビュートで東村アキコ、沙村広明や松苗あけみによる『リストランテ・パラディーゾ』とか。沙村広明珍しく似せて描いてる:)

オノ・ナツメと河内遙の対談というかマンガ話とか。

オノ・ナツメ『逃げる男』

最終回だった。もう逃げないといって森を去る男。

志村貴子『青い花』

前回のキスの後です。

正月どうするかというはなしになって、モギーはあーちゃんのお兄ちゃんとデートなので放っておいてあげることにして、というはなしからふみは相手がいるの?それとも先輩とつきあってたから「そっち系のひとなの」ときかれて「そっち系です」とポンちゃんたちに答えるふみ。でもあーちゃんとつきあうことになったのは一部しか知らない。

河内遙『関根君の恋』

勘違いして病院に駆けつけた関根。孫(サラ)に見つかったのでじじいの方の見舞いに。なんか色んな仕草にどきどきしてるし・・・

でパーティに向かうが、サラは関根がいったん抜けてきたと知らず初めて付いたと思ってるが、微妙にばれない。

サラがじじいからサーカスのチケットをもらったらと言ったのでつい一緒に見に行く相手に候補をしてしまう・・・。焦ってます^^

御徒町鳩『ファンタジー』

るみは仕事を終えて消耗して帰宅。ルームメイトのかえでが待つ部屋へ。

かえでは額にアザ?三ツ目?がある女の子。二人とも超常能力のせいで家にもいられなくて独立して暮らしているみたいな。

るみはジンの妄想を読んだのを思い出して、オナニーを覚えた^^

おがきちか『侍ばんぱいや』

ジャンクフード(人妻)を食い過ぎて太ってしまったのでダイエット中。でもそれよりは生娘の血を吸う方が効果的とたみやを返り討ちして血をもらう。ってすっかりやられ役というか汚れ役だよね^^;

阿仁谷ユイジ『夢喰い王子の憂鬱』

なんか、悪い夢というか、間違って背伸びした理想を喰ってもらって身軽になるような。

_ 『MEN'S EX(2月号)』

Amazon

特集は「価値あるオーダーQ&A」

スーツ、靴、シャツだけじゃなくてカジュアルや小物、バッグだってオーダーで、という。スーツはフルオーダーだと高いけど、同じショップの低価格ラインなら縫製や測る部位が違うだけで生地は同じでお買い得とかで。(高いラインではないが、この冬はファイブワンとOSVでオーダーしてしまった)

あとは「今こそ英国靴」とか、丸の内でやっていたMEN'S EXイベントで読者のファッションスナップとか。

あと、エルメスのiPadステーションってのが出てた。iPadケースだけどiPadを立てて飾ることも出来る。写真がなかったのでこちらで

_ 鬼頭莫宏『のりりん(2)』(イブニングKC)

Amazon

イブニング読んでるからコミックスはいいよ、と思ってたのに買ってるという。勝負当日、店に向かうところまでを収録。

_ 南Q太『ひらけ駒!』モーニングで新連載

モーニングの記事

南Q太が将棋マンガ描くと聞いてたのだが、モーニングだったのか。

週刊ってつづけられるのかなー、と心配。

それにしてもまた将棋マンガが増えてきてるな。『3月のライオン』『王狩』といい。南Q太の含めてみんな女性マンガ家だったり。


2012-01-06(金) この日を編集

_ 秋★枝『的中!青春100%』(まんがタイムコミックス)

Amazon

秋★枝が描くゆるゆる高校弓道4コマ。

まじめに練習してくれない先輩(マメに出席するが弓道をしていない)とか同級生の女子とかとワイワイと部活楽しんでるところはいいなあ。

たいていのところは(大会に出るような高校は)もっとカリカリしてそうだけど。

弓道マンガとしては楽しいし、秋★枝好きなら楽しめると思うのだけど、「弓を打つ」というのだけは将来直しておいて欲しいなあ・・・。正しくは「弓を引く」。

ちなみに弓道マンガとしては、穂波ゆきね/神奈木智『凛-RIN-!』全3巻もお勧め。BLだけど…。

『凛-RIN-!』
『凛-RIN-!(2)』
『凛-RIN-!(3)』

_ 佐藤両々『わさんぼん(2)』(まんがタイムコミックス)

Amazon

1巻から1年3ヶ月…。待った。いや連載も読んでるけども。

いままで草餅の暴走だけが目立ってた感じだけど、専門学校同期の柏木さんが出てからは三角関係的なものが生まれていろいろややこしくなってるのもいいなあ。

和菓子職人としてはライバル。だけど恋愛の相手でもあってそこに他の女の子も。

肝心な相手には全く気にされてないようなところがアレだが…。


2017-01-06(金) この日を編集

_ 『good! アフタヌーン(2月号)』


桜井画門『亜人』

日本の亜人第1号、スズキ・ジュンというのが出てきているが、(亜人としてどうこうはないけど)いい感じ。

亜人 亜人 亜人 亜人 亜人

桑原太矩『空挺ドラゴンズ』

ヴァニーさんいつも通り。

ヴァニー

水凪竜『ウィッチクラフトワークス』

エヴァーミリオンを白ドレスに変えてしまう多華宮くん。

魔女

梶谷きり『輝きのミニョン』

苦手だった握手会で何かをつかんでふわふわと新しいファンを獲得して「恐ろしい子…」になってるところ。

三つ編み

_ 『FEEL YOUNG(2月号)』

FEEL YOUNG(2月号)

岩岡ヒサエ「きちじつごよみ」

岩岡ヒサエの新連載。主人公はフリー?の結婚式プランナー。こういう「出来る」女性って岩岡ヒサエにしては珍しい感じが。

今回は、本好きなカップルのために挙式を上げられる図書館を探す。

ライバルで商売敵みたいな男のプランナーはかつての同僚なのかしらん?

きちじつごよみ きちじつごよみ きちじつごよみ きちじつごよみ

都陽子「ガラスの靴は割れてもはける」

これも新連載。

ずっと追っていたアイドルが結婚するというニュースを聞いて、追っかけ仲間を緊急招集。

集まったら、そろそろ結婚したいねえというような話になって、自分は相手いるよと思って考えてみたらもうしばらく彼氏がいないことに気づいて焦り始める。

ガラスの靴は割れてもはける ガラスの靴は割れてもはける ガラスの靴は割れてもはける

長田亜弓「マリッジストラグル」(後編)

前編を覚えてなかったけど。婚活で知り合ってつきあい始めたのはいいが、彼はWEBのライターで自分のことを面白おかしく記事にされてしまったので、付き合いはしつつもネタにされないよう距離を置こうと微妙な気持ちでいるが、どうしても心を許してしまう。どうせ記事にするためにやってるんでしょと突っぱねてしまうが…。

マリッジストラグル マリッジストラグル

染谷みのる「君はゴースト」

『サンタクロースの候補生』の人。

小説家デビューしたのはいいけど、その後鳴かず飛ばずの主人公の処に、ゴーストライターの仕事が。

その相手はかつて好きだった、今は消えたアイドル真咲遙。

会ってみたらやたらマイペースで戸惑うが…。今回もマネージャーにだまって遊園地にエスコートさせれたりして。

君はゴースト 君はゴースト 君はゴースト


Creative Commons License
当サイトの日記本文は、明示的な引用を除いてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
©vette<vette@mail.ne.jp>