«前の日(01-20) 最新 次の日(01-22)» 追記

煩悩日記

tDiary以前
2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2008|01|04|05|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|11|12|
2012|01|02|03|04|
2014|10|
2015|04|12|
2016|02|03|04|05|06|08|
2017|01|
2018|11|

rss1.0 [ツッコミナシRSS]

2005-01-20(木) この日を編集

_ Corel日本法人設立で窓口移管

Corelの製品がメディアヴィジョンからイーフロンティアに移ったのが約一年前で、その間にCorelがPaintShopProを買収したりしてたのだが、今度はCorel日本法人ができたのでCorel製品のサポートは「コーレル」に移ることになったそうな(登録ユーザーにはイーフロンティアからメールが来ている)。

ところでCorelへのユーザー登録は誰がやるんだろうか。

とりあえずCorel本体なのでPainterはしばらく腰を落ち着けられるとおもっていいのかなー。

ちなみに、Painter IX の日本語版も3/4に出るみたいだ。

_ ひぐちアサ『おおきく振りかぶって(3)』(アフタヌーンKC)

好調です。

『基本のキホン!』も入ってる。

_ 竹内未来『女王様の犬(2)(3)』(プリンセスコミックス)

何となく気に入ったので続き買ってみたり。

主要人物は固まってるのでその関係が深まる方向で。


2006-01-20(金) この日を編集

_ 林田正光『リッツカールトンで学んだ 仕事でいちばん大事なこと』(あさ出版)

仕事で一番大事なこと Amazon

この間のリッツ・カールトン本『サービスを超える瞬間』を読んでおもしろかったので、もひとつ別のリッツカールトン本。

この著者は現在は別のホテルにいるのだが、リッツ・カールトンにいたときに学んだことという視点で書いている。基本的には前の本と同じなのだが、この本の場合はやや手前味噌というかリッツ・カールトンそのものの話より自分が営業として人脈をどうやって広げたかとか言う話が多い。

参考にはなるが、リッツ・カールトンの話としてはやや物足りない。

_ 野口美佳『男前経営論 - ピーチ・ジョンの経営哲学』

男前経営論 AmazonPEACH JOHN

ちょい派手めな下着の通販で有名なPJ(ピーチ・ジョン)の女性社長で、ミカジョンとも呼ばれる野口実佳によるPJ経営論。

男の視点ではなくあくまで女の子の視点からの下着セレクトとか、いろいろ。

つぎは下着つながりでトリンプ社長の『2分以内で仕事は決断しなさい』かな。

_ 『電撃大王(3月号)』

電撃大王

林家志弦『はやて×ブレード』はいよいよ会長達との対決だが、、始まるのは次号のようだ。あ、今回ドラマCDつき。

高野真之『BLOOD ALONE』。サイノメの帰省につきあっているクロエの続き。サイノメは母親の最後を看取らなかった父親を未だに許せないが、昔の日記を見つけて…?

桂遊生丸『かしまし』。余命あと1ヶ月と知らされたはずむは最後に思い出を作るかのようにいつもの山に登る。はずむの余命を知らされたみんなはどうすればいいかと思考停止状態だが、いつもポーカーフェイスのあゆきが今度も助けてよと異星人の先生にすがって見せたり。

_ 『コミックハイ!(3月号)』

コミックハイ!

新井葉月は薬局の薬剤師『薬屋りかちゃん』が連載になっていた。しばらくは楽しみに。

桐原いづみ『ひとひら』は叫んだら野乃の声が出なくなって??と言う場面の続き。こんなことになるんだったら演劇に誘わなければ良かった、自分勝手で友達だっていないでしょうと嘆く美麗に、友達ならいるよと美麗のな前をあげる野乃。とかいい話とおもったら :-)

梅川和美の天文部『そらみよ』はやっと2回目。変人トリオに巻き込まれないようにしようとしてももう手遅れな。

_ はしもとみつお/鍋島雅治『築地魚河岸三代目(10)』(ビッグコミックス)

Amazon

続きですが、もうどれを読んだか分からなくなってきました。


2007-01-20(土) この日を編集

_ Norton AntiVirus 2006をライセンス更新して NAV2007に

去年買った、Norton AntiVirus 2006 のアップデート期限が迫っていたので、2007のアップグレード版を買うべきか、購読期限だけ延長すべきか、とちょっと考えてみたが、更新プログラムの有効期間中なら2006→2007へのアップグレードも無料でできるという案内が出ていたので試してみる。

WEBサイトの反応が悪かったり、インストールした後で挙動がちょっとおかしかったりしたものの、2006→2007へ無事更新完了。

その後で購読期限を延長するためにライセンスを購入、という手続きで更新できたのだった。

_ YUKKY/間部正志『Y-STYLE(1)』(竹書房)

Y-STYLE(1) Amazon

パチスロマンガ。女性スロッター・YUKKYによるレポートマンガ、、という体裁のシリーズ。

パチスロはあまり興味がないのだが、たまに絵だけに惹かれてコンビニで立ち読みしてたからなー。

札幌でパチスロをしていてそのうち東京に出てきたという…。

他にパチスロ系マンガで読んだのは『スーパーパチスロ777』の太田虎一郎『おきゃるとらぼらとりー』と、しけたみがの『SLOT☆STAR』ぐらいか^^;

_ 高橋こばと『虹色パレット(2)』(竹書房)完結

虹色パレット(2) Amazon

完結。

ライバル登場?と思ったらそれはまあたいしたことが無く、湊さんといっしょに実家の旅館に旅行にいったら今度はそこで海外留学で日本を離れることをいきなり聞かされて…。

それにしてもこの人は、本編と表紙がイメージ違いすぎ^^;

_ 大石まさる『続・水惑星年代記』

続・水惑星年代記 Amazon

へんな浮遊原理の飛行船で競争とか、女性の科学者と同船してそのうちにエッチにおよび、、、おまけに起き抜けの姿をTV中継されたり :-)

とかあまりSFでないところもあるが、SF風味がそこここに。

_ 山本貴嗣『紅壁虎〜ホンピーフー(3)』

紅壁虎〜ホンピーフー(3) Amazon

前巻から続いている、中国マフィアが裏で配っているドラッグ、D・D(ディヴァイン・ドロップ)。今回はその被害者が暴走をし始めて密売人を巻き込んだ暴力沙汰になったところから警察が介入し。。。

D・Dの話が終わって、不死身のマリアの話も始まったところ。

_ 十六夜清心/山咲まさと『M女専科』

M女専科 Amazon

大判(B5版)の愛蔵版ですが、美麗ですばらしい :-)

山咲まさとの原作を十六夜清心がマンガにしたものですが、描線がきれいで、カラーも肌のグラデーションとかストッキングの透け具合がが美しい。

これでキャリアOLとか美人TVアナとか逃げずにしっかり描いてるので、リアリティというかそれらしさが強まっているなー。

_ 『電撃大王(3月号)』

電撃大王(3月号)

林家志弦『はやて×ブレード』

やっと決着のついたゆかりたちの仕合。いや引き分けだったので決着がついてないのか。。。

戻ってきたゆかりたちと綾那達が話していたら炎雪(エンスウ)が暴走して改造剣を振りかざして綾那に斬り掛かる。

高野真之『Blood Alone』

ミサキを襲ったレンフィールドを武術で追い払ったクロエ。ミサキもしっかりしてるみたい、と思いきや心細いようで、父親はなぜ帰ってきてくれないかとごねる。クロエは自分は頼りになるボディーガードだから頼ってもらっていいと、ミサキのナイトになることを約束する。

桂遊生丸『かしまし』

学園祭ですれ違いのまま会えないはずむ。明日太に叱咤されてやっとみんなの気持ちもわかって、自分の気持ちをはっきりさせたくなったはずむは屋上で、二人と会う。

宇宙先生が言うには、はずむの運命がつきるのは今日の18時頃、つまりもうすぐだと。

そしてやっと想いを告げようとしたところで、はずむがもたれていた屋上の金網が崩れはずむも…。

相田裕『GUNSLINGER GIRL』

マスターのアレッサンドロを好きなのは洗脳による条件付けに過ぎない。そういうアレッサンドロに納得させるために条件付けに逆らう反動を越えて強い告白をするペトラ。

_ 黒柾志西『鬼ごっこ(1)』(一迅社)

鬼ごっこ(1) Amazon

近所になかなか入らなくて買えなくて困った。

ある日突然、女医(養護の先生)が化けた異形のものに襲われた頼子。そこを助けてくれたのは同級生の綺麟と無口な兄・虚颯に助けられる。

そして、綺麟たちが人間ではなく「鬼」であること、頼子が「継ぐもの」としての力を持っていることを伝えられるが…。

となんか巻き込まれ型は王道のような気はするが、鬼魔あづさにも似たタイプのキャラと、ちょっと題字のようなおどろおどろしたタッチがわりと魅力。

ブラコンで、頼子が虚颯に近づくのが嫌いな綺麟が、頼子を嫌ってるようで嫌ってないという風情も好きなところ。


2011-01-20(木) この日を編集

_ 星崎真紀『ステージママの分際で!(6)』(クイーンズコミックス)

Amazon

マオママの珠子と神馬の距離が近づいてきて、マオのマネージャーというより母子の世話をしてるみたいな状態にマオは落ち着かなくて…。

それはそれとして、作中で珠子がtwitterまで始めているし:) しかもそれはマオママとしてというより、りんりんちゃんの素は役柄とは違うよと伝えたいからという…。

作者もtwitterしてるのでちょっと同期してるような感じ。といってもメールやブログならそうは感じないだろうから、まだ新しいツールという思いがあるからか。

そして最終章「ステージママの千秋楽」は2年経って珠子と神馬は結婚予定だし、マオはまだ小学生だけど背が伸びて中学生みたい。そして反抗期到来?で珠子にちゃんと返事しなくなってきて・・・。

それよりもりんりんちゃんが問題ですね・・・。

ラスト1巻。


2012-01-20(金) この日を編集

_ Rails Tutorial book 3.2

"Rails Tutorial book"の 3.2がでてた。http://ruby.railstutorial.org/ruby-on-rails-tutorial-book?version=3.2#top

Rails 3.2とRuby 1.9に対応。

_ Agile Web Development with Rails (4th edition)P2.2

"Agile Web Development with Rails (4th edition)" がバージョン上がってP2.2に。 Rails3.2,Ruby1.9.3対応していた。

_ かまたきみこ『KATANA 長船三姉妹』

Amazon

かまたきみこ『KATANA』シリーズの最新刊。

ぶんか社から角川「怪」に移籍。

表題になってる「長船三姉妹」は刀鍛冶の三人娘の話だが、いきなり美少女軍団だったのでKATANAじゃないのかと思ったよw


2017-01-20(金) この日を編集

_ 糸なつみ『おとなとこども、あなたとわたし。(2)』(it COMICS)


Amazon / Kindle

続き。

年の差がある2人の関係を描く連作。前回と同じ3組のその後。

今回は「変化」。「変わった?」と感じたり、「変わってない」と反発したり、「変わらないはずがない」と思ったり。


箱の中 (のんと育)

一人暮らしをしているのんの家に、晩ご飯を作りに通う、高校生になった育。

遅くなったから泊まっていくという育に、女子高生と恋愛をした父親を思い出してしまう。自分が父親と同じことをしていると感じたのんは…。

これ、後日談で出てくるのは、のんじゃ無い人かな。


一枚の絵 (白川と蒲田)

白川の病院通いを送り迎えするなど、頻繁に会うようになった2人。

知り合った頃と比べたら変わったなと2人。

子供はいないが子供がいたらこんな感じかという白川に、何か地雷があったのか反発してしまう蒲田。

これラストの後が気になる…。



ランナーズ (エリと奈々子)

年上の奈々子たちと一緒にいることが多くなったエリ。馴染んできたエリとは逆に、奈々子はだんだんと歳を実感するようになっていた。




_ 『航空ファン(3月号)』


モノショップ

米空軍からいよいよF-4ファントムIIが退役するという記事。残っていたドローン・標的機のQF-4Eで最後の撮影。



"FIFI"に続く2機目のフライアブルなB-29 "DOC"のカラー写真。

レストア開始から16年掛かったという力作。


12/18に亡くなったパイロット・宇宙飛行士のジョン・グレンの記事。

_ 蟻子『あいすべき憂鬱』(リュエルコミックス)


Amazon / Kindle

アイスをこよなく愛し、冷蔵庫が置いてあるという理由で生徒会にも入ったアイス男子・雁屋。


雁屋は女子には興味が無いと思われていたが、アイスの行列で出会った美少女マコに一目惚れしてしまう。


しかしマコの正体は、後輩の男子・誠だった。

男とわかっていても会うと胸のときめきを押さえられない雁屋に対して、なぜか誠は積極的にアプローチしてくるが…。





マコの姉ちゃんもなかなかの。


_ 鈴木健也『おしえて!ギャル子ちゃん(4)』(KADOKAWAコミックス)


Amazon / Kindle

続き。



好きなものを語ることで苦労してそうなギャル子ちゃん。


お嬢のこれも好きなもの。



判らない説明。



ギャル子姉の高校時代の武勇伝と、その親友の話も好き。

彼女はカレから競泳水着コスプレエッチを求められていると…。

_ 『モーニングtwo(3月号)』

古屋兎丸『アマネ†ギムジナウム』新連載

アマネ†ギムジナウム
会社の人には内緒で人形作家をしている貧乏OL。貧乏なのは人形製作につぎ込んでいるから。

萩尾望都などのギムジナウム作品に感化され、ギムジナウムを舞台にした設定を書いている。

アマネ†ギムジナウム

行きつけの安い画材店が店じまいするというので主人が秘蔵の粘土を渡してくれる。その粘土で作った少年たちにキスをすると、人形が動き出し…。

アマネ†ギムジナウム
アマネ†ギムジナウム

花村ヤソ『アニメタ!』

ユキムラが憧れる芹澤監督がスタジオに遊びに来て、九条監督といつものやりとり。

その芹澤がユキムラに目を付ける。

アニメタ!
アニメタ!

大澄剛『さんぱちのおと』

『あさは、おはよう』の大澄剛の剣道マンガ。4話目。

高校に入学すると、竹刀の規定が「さんぱち」(三尺八寸)にあがって、重く感じる。

さんぱちのおと
さんぱちのおと

あ、女性ばっかりだった。まあいいか。

_ 『まんがタイムスペシャル(3月号)』

まんがタイムスペシャル

宮原るり『恋愛ラボ』

文化祭の打ち上げを兼ねて合同でクリスマスパーティーを。

恋愛ラボ
恋愛ラボ
恋愛ラボ
私服に気合いを入れる男子(中学生です)を母親が冷やかし、それにむかつくけど、告白してきたリコが気合いを入れて来るのが目に見えていて、まだ返事をしていないナギは頭が痛い。

恋愛ラボ
そしてヤンはマキの理解者。

_ 『イラストレーション(3月号)』

西村ツチカの特集。インタービューなど。

雑誌イラストレーション

イラストレーション

イラストレーションユーウェーブでは、 maegamimami と 大島智子 が好み。

イラストレーション
イラストレーション


Creative Commons License
当サイトの日記本文は、明示的な引用を除いてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
©vette<vette@mail.ne.jp>